不毛な遊びとバカ親子

更新がずいぶん久しぶりになってしまったのだけれど、それにはいろいろ事情があるようなないような。

さて、前回の更新から高知への帰省が2回、人前で唄う事数回、そして今年で28年目の沖縄・伊平屋島にも行って来て、まぁ相変わらず他人様の前で唄う事も稼ぎも、どちらも少ない日々を送る中で、家族が寝静まった夜中に仕事をした後、朝からリビングにゴロリと寝そべった怠け者の態勢で、今月半ばで生後10ヶ月にもなるのに未だずり這いで近づいてくる娘にTシャツをめくられ、ヘソの穴にその小さい人差し指を入れられる度に「マジンガーZ!」と押しボタンが付いている人形みたいに連呼しなければいけないのと、乳首を全力で捕まれる度に、これが赤児と舐めていたら禁物で乳首が赤くなるほど痛いのだけれど、その痛みに耐えながらショッカーの戦闘員みたいに「イーーーッ!」と叫ばなければならないという、そんな何処がゴールかも分からない終わりの見えない不毛な遊びを教えてしまった後悔に苛まれながら、昼前には眠気が襲ってくるのだけれど、今日は寝られない。
何故なら今日は、狭い駐車場でプール遊びの日だから。

あ、上の階から下ろされてきたので今日はこの辺で、ぢゃ___。

この記事について

このページは、冨岡ツカサが2019年8月 5日 07:16に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「さらば、愛しきロックカメラマン」です。

次の記事は「幸せのため息」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.2