2019年1月アーカイブ

2019スタート-疼く心に蓋をして-

| コメント(0)

新年の挨拶もせぬままに大変申し訳ないです。
今年も宜しく。
ボクもアナタも楽しい嬉しい事ばかりではないけれど、もしもライブで、街角で、旅先で会ったらお互いやっぱり笑い合えたら嬉しいです。

さて、一桁の最低気温が当たり前の寒い寒い今日この頃。
例年なら18年間続けたマレーシア・パンコール島へ2〜3ヶ月の越冬に出掛ける頃なのだけれど、今年は、我が腕の中で、慣れぬ外気と陽射しにつぶらな瞳をさらに細めるこのチビの為に、「じゃあ行ってきます」というわけにもゆかず、疼く心がカタカタと我慢の蓋を揺らす日々の中、パンコール島を始め、多くのマレーシアの友人たちから「暫くはそっちでベビーシッターやっとけ」と、SNSやメールでくれる、そんなからかいの言葉が温かい1月吉日___。
2019.01.17.jpg

ビニールハウスベイビー

「乳幼児の為に室温を24度ほどに保ちましょう」
という、自分のような昭和の人間からすると『単なる甘やかし』にしか聞こえない昨今の育児アドバイスに対し、「自分らの時みたいに赤子なんぞ重ね着重ね着でモッコモコにしとけばいいんぢゃ!!」と口では言うものの、それでもやっぱり可愛い我が子がクシャミのひとつでもしようもんなら、すぐにその小さい両肩を優しく摩る親バカな自分は、我が子が生まれてから今までの約3ヶ月間、ずっとリビングの床暖房は24時間付けっぱなしの上、補助の為にエアコンも暖房24度設定で稼働させ、加湿付き空気清浄機も24時間フル稼働で常に湿度を一定に保ち、夜になると新しく購入したオイルヒーターが温めてくれた寝室へと抱きかかえられてゆく我が子を見送り、そのままリビングで寝る暮らしが続いている。

おかげで先月の光熱費は、一般家庭(家族4人)を遙かに凌ぐ請求額のお知らせが届き、自分の財布からそれらがヒラヒラ〜っと飛んでゆくと思うと、切ないとか哀しいとかでなくて、もうポカンとね、そうポカ〜ンと放心状態になるのだけれど、これも子供の為、近い将来には横目で「臭い、ウザイ」と言ってくるであろう我が子の為なのだと、生まれて初めて見返りを求めぬ本当の愛に気づかされた今日この頃。

ちなみに都市ガスは床暖をずーーーっと付けっぱなしにしておくと、外のメーターのガス漏れランプが赤く点滅するのね。ガス屋さんからのお知らせで知ったので、この3ヶ月の間、いつから点滅していたかは分からないのだけれど、遠くから見ても分かるくらい、暗闇の中でうちだけチッカチカ派手に点滅していたのだよ。
乾燥しまくっている季節。皆様もお肌のケアと火の元にはくれぐれもご用心を___。

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

アイテム

  • 2019.01.17.jpg

月別 アーカイブ