2016年11月アーカイブ

高知城を眺めながら

父の37回目の命日を翌日に控え、朝日が昇ったばかりの時刻から家族総出で墓掃除をする為に実家の近所の山へ。

急な山肌を切り開いた霊園の一角。砂利やコンクリートできちんと整地された他の家の墓と違い、父親の墓が建つ地面は土が剥き出しなので、次から次へと草木が生え、夏の盆前などは入り口から順番に草刈りや草抜きをしていかないと、直ぐ傍に建つ父親の墓も見えないほどで、この日も太い木の幹に釜でカッカッと切れ目を入れながら「うちも砂利を敷きゃあどれだけ楽になるか。」という怠け者の長男坊であるボクの言葉に対し、「砂利を敷いたら、こうして皆でお喋りしながら仲良く作業出来んなる。」と言う年老いた母のささやかな楽しみを奪えるはずもなく。

2016.11.06_01.jpg

そんなみんなの姿を少し離れた場所で、まだ墓掃除の意味すら解らず、「カラスにジュース取られんようにちゃんと見張りよってよ。」というボクの言いつけだけを守っている甥っ子3rd(3歳)が退屈と眠気でする大きなあくびが、もうすぐ其処まで来ている冬の訪れを知らせる朝の空気に溶けてゆく11月____。

2016.11.06_02.jpg

道化者の遺伝子

「寒いろーが!! 風邪ひく前にちゃんと上着着ぃや!!」
と、夜でも薄着な甥っ子2nd(10歳)に注意をしたら、
「寒くないで。ほら、お尻も出せるくらい寒くないで。」

哀しいかな、道化者の遺伝子は確実に引き継がれていっているらしい。

2016.11.07.jpg

とりあえず大人になったら他人様の前ではするな___。

高知から帰京する日

明け方近くまで働いていたにもかかわらず厭な顔を一切見せず、車で空港まで送ってくれる心優しい同級生(バー経営・独身・結婚相手募集中・舅姑無し)と二人、途中立ち寄った知り合いの玩具屋で、今ゲーム業界で話題のVR(ヴァーチャル・リアリティ)を体験させてもらったのだよ。

下の画像は、お酒以外にも勉強熱心なバーオーナーの姿。
2016.11.08.jpg

良い歳をした親父二人が汚れ無き子供のようにはしゃいだ後、「これでエッチなソフトが出たら確実にVR買うね。」という誰かの言葉に大きく頷いてしまったのは、やっぱりボクらが汚れてしまった良い歳の親父だからなんだろうね。
BGMはスガシカオ/スマップで「夜空ノムコウ」____。

何をしに帰ったのか?と聞かれてもね

10月末から昨日まで郷里・高知に帰省をしていたのだよ。
帰省中のほとんどは、小学生低学年のように実家のある地区から外へは一歩も出掛けなかったのだけれども、たまに街に出掛けた夜などはついつい時間を忘れ、結局はバーテンダーの友人らと〆の飯を食べ終わって店を出る頃には、うっすらと夜が明けていて、日に日に厳しさを増す冷え込みに首をすくめながら自転車に跨がる友人らと別れた後、独り乗り込んだタクシーの後部座席から、顔を出したばかりの朝日をその横顔に浴びながらクラブの朝練に向かう為に自転車を漕ぐ学生たちの若さを心から羨んだりしながら自宅まで帰り、若さを羨む身体はその日1日なんにも起動出来ずに夜がやってくるという、なんともだらしのない高知ライフだったのだよ___。

負けられない闘いなのに

| コメント(0)

約2年振りのhenssimoライブも近くなったので、それなりの準備はしている。
しているものの、9月からこちら、毎週末ともなるとお馬さんの名前の載った出馬表を睨んでは、そのいたる所に赤ペンで記しを入れ、インターネットでデータを掻き集めてはまた記し、その度におでこの上の青年眼鏡を上げたり下げたりしながら出馬表と睨めっこをし、時には目を閉じてレースの展開を想像してみたり。そんな事をしているうちに日曜の朝がやって来て、寝不足のまま場外馬券場まで散歩をしている今日この頃。

理由はいたって簡単で、2ヶ月後に控えた越冬2017の資金を博奕で増やしちゃろーというなんとも浅はかな人間が考えそうな事なのだけれど、9月からまったく増えないばかりか減ってしまっているじゃーないか。このままでは越冬資金はおろか、生活費にまで手をつけた挙げ句、果てはきっと、今日の場外馬券場の水飲み場で見かけた、黙々と「豆腐パックの水を切るオッチャン」の仲間入りを果たす日も近い。そんな危機感を胸に、それでもまだ目標額到達まで諦めないのだよ。

正座を崩しただけで父に叱られる緊張感に耐えながら、子供なりの真剣な表情を一生懸命作り学校の宿題を済ませるボクの横で、やはり父もこれまた真剣な顔で競馬新聞や競輪新聞に赤鉛筆で記しを入れてい生前の父の歳を追い越して久しい今も、自身のダメな所はすべてDNAのせいにしてしまう、負けられない闘いにまた負けた日曜日___。

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

アイテム

  • 2016.11.07.jpg
  • 2016.11.06_01.jpg
  • 2016.11.06_02.jpg
  • 2016.11.08.jpg

月別 アーカイブ