2016年6月アーカイブ

ようやく更新も

| コメント(0)

誕生月だというのに、ここもFacebookも更新をサボってばかりな今日この頃。
常日頃から此処を見て下さっているマニアなアナタにとって「やっと更新しやがった」本日も、業務連絡のみでございます。

あー、あー、本日は晴天なり。本日は梅雨なれど晴天なり。
業務連絡その1
『新宿二丁目・"姫"常連メンバーを含むオレ夏2016沖縄・伊平屋島ツアー』のメンバーへ隊長より。名護の某居酒屋の予約をついぞ忘れておりましたー。つきましては本日夕方にでも10名〜13名で入れておきますので、各々当日まで体調を崩したり"突然死"や"孤独死"のないようくれぐれもお願いいたします。
2016.06.11_01.jpg

業務連絡その2
今回は現場監督でもある友人Fが欠席の為、予定しておりました『加山雄三風の昭和なピチピチテニスウェア』での撮影は中止になりました。『富美山ツカオのPV(おいらの船は300トンver.)』撮影も考えましたが、フェリー内及び漁船での撮影許可申請はもとより、富美山ツカオの漁師衣装セットの重さに今回は見送る事にしました。というか、そもそも富美山ツカオは別人ですし、大人なアナタよろしく。
2016.06.11_02.jpg

以上、業務連絡でした。

まだまだ、メンバー募集してます。7月6日(水)夜7時・現地・名護市集合から始まる沖縄・伊平屋島の旅にアナタも如何ですか? 参加条件は「ボクを含む二丁目メンバーの誰かをうっすらとでも知っている方」「70歳以上のオカマ風なお爺さんに親切な方」のみです。しかも今回は体調不良によりその御仁は参加いたしませんので、美少年のアナタも御自身のケツの穴の心配も御無用。真っ青な海でのんびりとしたい方、満天の星空に抱かれたい方、お気軽にご参加下さい。尚、今回は名護市集合&数日後に各々伊平屋島から帰島解散となりますので、伊平屋島での宿の手配などはボクがさせて頂きますが、その他、飛行機、本島での移動手段は各自でお願いいたします。詳細・質問などは携帯の方にでも下さいませ。
オイラの助手席に乗ってみないかベイベー、島限定のペーパードライバーだけども___。

2015.08.07.jpg

アナタ、納め過ぎてませんか?

毎年この時期に届くのが、区の無料健康診断へのご案内書類と都民税・区民税の支払い用紙。今回は、後者の都民税・区民税のお話。

少ない稼ぎにもかかわらず毎年ちゃんと律儀に税務署に提出している確定申告書類に基づき、都民税や区民税、所謂、住民税というものが算出されるわけですよ。で、今回、その額が例年よりちょっと多い。多いと言っても、これを読まれているアナタの足下にも及ばない程の額なので、小っちゃな升の中で小っちゃなコビトが騒いでいる世界のお話だと思って読んでね。

さて、前年度に仕事が多かったのなら話は解る。でもCDがバカ売れした覚えもなければライブで荒稼ぎした覚えもない。そこで、税務署に提出した確定申告書類の控えを取り出し、それと照らし合わせてもやっぱり何処か腑に落ちない。

ここでポイントとなるのは「収入金額」「所得金額」。これらふたつはまったく別モノだという事は自分のような自営業者の方ならお解りになるはず。「収入金額ー経費=所得金額」で、その所得金額」× A%(市町村によって違う) = 住民税なのですよ。
自分の住民税が書かれた用紙と確定申告書類のひとつひとつの金額を照らし合わせてゆくと、収入金額は双方とも一緒。異常なし!! けれど問題は、住民税の通知書に記載されている「所得金額」が、確定申告書類のそれとまったく違う。というか、そもそもこの謎の所得金額はいったい何処から導き出されたのか? 同封されていた書類すべてに目を通してもその算出方法は見つからず、区のHPを見ても見つからず。

うーん、これは区役所に聞きに行くか。金額が金額なので直接聞きに行く事それ自体も恥ずかしいし、これじゃあ某都知事の騒動でお馴染みの「Sekoi」が自分にも当てはまるよなーとも思ったのだけれど、納得出来ないまま税金を納めるよりは、どうせ納めるのならちゃんと理解した上で気持ち良く納めたいと思い、行ってきました区役所税務課。

で、結論から言うと、やっぱり間違ってたのですよ住民税の金額が。ほーらね。
原因は、税務署と役所の行き違い。元はと言えば自分が間違った様式で提出していた確定申告書類に問題があるらしく、「自営業」である自分が、書類上では「定期的に給与を貰っている人」になっていたのですよ。「いやいや、自分は自営業ですよ、ホラねここに経費やらなんやら書いて、総収入からそれらを差し引いた「所得金額」が誠にお恥ずかしーわけですけれどもコレなわけで。」と、持参した確定申告書類の内の「収支内訳書」を見せて、初めて担当の方も税務署との行き違いに気づいてくれたわけで

ちなみに、一番最初に疑問に思った「そもそもこの謎の所得金額は何処から導き出されたのか?」の計算方法が書かれた用紙も見せて頂き、やっぱり同封書類にも役所のHPにも載せていないらしく、今後の参考に貰って帰ってこようかとも思ったのだけれど、オイラのような自営業者には関係無い物なのでそれは遠慮した。

ただ、確定申告というものをやり初めてこの方、長きに渡り間違った様式で提出していたにもかかわらず、何故今回だけこの「行き違い」が起きたのか? という疑問だけが残る。まさか、今回は某都知事の退職金を賄うためにわざと!? いやいや、それはない。等と、思いを巡らしながら、何故か自宅とは反対方向の歌舞伎町に足を向ける金曜日____。

最終会議/紛糾のまま閉会

| コメント(0)

■2016年度 沖縄・伊平屋ツアー最終会議■
=バーベキューの品目も決まらぬまま幕を閉じる=

猛暑への入り口を感じさせる本日土曜日夕方、冨岡邸のただでさえ狭いリビングに幹事長を始めとする沖縄・伊平屋島ツアー委員と今回はツアーへの同行を見送る予定のオカマ、もとい御仁(72歳)など10名が集まり最終会議が開催されたが、第一議題である「ビーチでのバーベキューの品目と役割担当」の決定もされぬうちに各自アルコールが進み、当初の予想通りなし崩し状態のまま午後10時閉会となった。

「このままでは"島の友人らへのお土産の品物とその予算"や"幹事長の負担軽減に関する問題(別名:カラオケ採点システムいい加減おっぱい出ろよこんにゃろ法案)"を始めとする数々の課題を残したままでの現地集合となる。」と危惧する名ばかりの隊長は隊長で、来月2日より渡島した後、6日にメンバーと合流する為に一旦本島に戻り再び伊平屋島に渡る7日からの数日間は実質独身状態らしく、「運良く7日から若くて可愛い娘が合流せんかのー。のー。」と浮かれてはみせるものの、依然当局の監視の目が厳しい状況下では、今回も可愛いアナタと一緒に満天の星空を見上げる事も叶わぬ夢と肩を落としている_____。

2016.06.18.jpg

予期せぬ時の〜

| コメント(0)

先日の夜。登録していない電話番号からの着信あり。不審に思うも電話に出ないのも失礼なので、電話に出ると太い男性の声で「もしもし、つのだですけど」。そう、電話の声はつのだ☆ひろさん。

尊敬するミュージシャンの一人であり大先輩である☆ひろさんから突然連絡。
昔からこの『予期せぬ時のつのだ☆ひろ』に引っ掛かるその度、心臓がバクバクするのだよ。もちろん、☆ひろさん側には自分を驚かす意図はさらさらないのだろうけれど、自分からすれば覚えの無い電話番号着信に「ん? 誰だ? なんかの勧誘か?」と不審と面倒臭さを織り交ぜながら電話に出てみれば相手が尊敬する大先輩。トラップに引っ掛かった小動物並みにパニクるから。で、この夜も全身から一気に吹き上がる脂汗を素手で拭いながら、自宅リビングを用も無いのにあっちにウロウロこっちにウロウロ。

これが例えば、既に番号登録してある彼の事務所の社長兼奥方からまず電話があり「じゃあ詳細は☆ひろから聞いて。」で話し相手が☆ひろさんに替わるパターンなら全く平気なのだけれど、それはそれで既に登録してある社長兼奥方の名前が浮かび上がった着信画面と"早く電話に出なさい"とばかりに流れる着信音を前に「あれ? オイラまた何かしでかした?」と、別の意味でドキドキしてしまい、しばし腕組みをしてたりする場合もあるし、電話に出たら出たで『いきなり☆ひろさん』パターンもあり気が抜けない。

おまけに、こちらから光太郎さんへの用事の為に掛けた電話先に出たその声をてっきり光太郎さんだと思って、しばらくタメ口で話していたら、その相手は『まさかの☆ひろさん』という変則パターンもある。(『尊敬と畏怖』を参照)

______で、この日の夜の電話の内容は。
お叱りでも呼び出しでもなく、ただ単に最近顔を見せない自分の調子を心配して連絡を下さったらしく、自分からすれば、ついこの間☆ひろさんトコに遊びに行ったばかりだと思っていたのに、もうあれから1ヶ月半も過ぎていたという、加齢と共にその体感速度をドンドン増してゆく時の流れに驚くと同時に、音楽業界の大先輩でありながら不出来な後輩を気にかけてくれる彼の心遣いが本当に有り難かったりするのだよ。でもそんな感謝と嬉しさを噛みしめるのは決まっていつも電話を切ってからで、それほど『予期せぬ時のつのだ☆ひろ』は心臓には悪いといふ事____。

リセットボタン

| コメント(0)

仕事でもないのに、なんだか朝から忙しい。
自室での作業に一段落着き、青年眼鏡(老眼鏡)を額の上にあげ、ボンヤリ霞んだ棚の上のヒーローたちを眺めながら、嗚呼今日は格好良かったあの方の誕生日だったなぁと、ふと思い出した。理由あってご存命なのか知る術もないが、きっと今日も暖かい家族に囲まれ豪快なその笑い声を響かせている事と信ながら___。

さて、自分も誰かを笑わせる為にもうひと踏ん張りっと。いちいち眼鏡を掛けたり上げたり、上目遣いで遠くを見たり、オヤジ真っ只中な金曜日___。

2016.06.24.jpg

闇雲浪漫

| コメント(0)

【定石/定跡】
1. (定石)囲碁で、昔から研究されてきて最善とされる、きまった石の打ち方。

2. (定跡)将棋で、昔から研究されてきて最善とされる、きまった指し方。

3. 物事をするときの、最上とされる方法・手順。___デジタル大辞泉より


ミュージシャンの端くれのくせに楽器店よりも釣り具店の方が楽しいのは、定石とされる方法以外での可能性が未だ多くあるのではないか?という、早い話、ビギナーだからこそ持てる夢物語に過ぎないのだけれど、小学校時代、漫画『つりキチ三平』がバイブルと読みふけり、授業を終え真っ直ぐ帰宅したその足で宿題もやらず、ほぼ毎日釣り竿片手に友人らとチャリンコ漕ぎ漕ぎ出掛けた近所の港や防波堤で、定石からハミ出した独自の方法で獲物を釣り上げた時の興奮が未だに心に染みついて取れない者にとっては、やっぱり釣り具店は『狩りの道具』というか『冒険の道具が揃う場所』でもあるわけで、今日も入店から精算を済ませてその釣り具店を出るまでの楽しい妄想に、あっという間の2時間を費やし____。

____すっかり暗くなった帰り道。
でもそう言えば小学校時代も、漫画『つりキチ三平』の仕掛けのページはちゃんと読んでいたし、よくよく考えれば『魚別釣り方入門』みたいな本も数冊は持っていたなと思い出し、嗚呼そうだ、あの頃は定石に沿った道具を買い揃えるお金なんて無かった子供だったからこそ、仕方なしに独自の方法を考えていたんだったと。
あくまで最初に定石在りきの独自方法だったわけで、こうして闇雲にルアーだけを1万5千円も買い漁る金があるのなら、まずは今一度『釣り入門書』を買った後、必要な道具だけを揃えりゃ良かったんじゃないかと、一瞬大人に戻ってしまうも、フッ、そんなの男の浪漫ぢゃーない。釣ってやる大物を。

闇雲な浪漫が詰まったビニール袋を提げて家路を辿る男と、選挙権を持たぬ中国人観光客たち相手に選挙カーの中から懸命に手を振るあの候補者と。双方の愚かさが交差する横断歩道。
どちらの愚かさに対しての答えもあと2週間ちょっとで出る7月最後の土曜日___。

失った牙の価値

| コメント(0)

5年前のボクの誕生日の前日に亡くなるという、嫌がらせにも近い形で先にこの世を去った悪友との大切な思い出と、さほどたいした物も入っていないカバンを抱えて役所まで。

参院選の期日前投票用紙に、過度の期待もしていないけれど、それでもとりあえずこの国の未来を託しても大丈夫そうな人と党の名前をそれぞれ書き込んで投票を済ませ、今日も「アジアンな混沌(カオス)臭」漂う別庁舎で国民健康保険料と住民税を納めた後、予約を入れていた整体へ。

「ちゃんとしちゅーね。でも、つまらんぜオッサン。」

信号待ちの交差点。
目の前を走りすぎる車がかき混ぜる湿った空気とため息と、雨が降っていないようで降っている何とも中途半端な空との間で、いつかの自分とその悪友が二人、そのため息の主を「フンッ」と鼻で笑っている火曜日___。

2011.06.28_06.jpg

揉まれ揉まれてバースデー

| コメント(0)

___前略、母上様。

アナタが産んでくれたこの身体は相変わらず丈夫なのかひ弱なのか自分自身でも解らぬ中途半端な痛みを抱え、昨日行ったばかりの整体に今日も行く羽目になり、この二日間で延べ3人の他人に身体中を揉まれまくるという、これがAV女優ならそこそこの稼ぎにもなるのでしょうけれど、いかんせん、股間の間に罪深き童をぶら下げる男では揉まれても揉まれてもお金は貰えないどころか、こちらが支払う方なわけで。それでも、今ではすっかり老いの見本通りに辿り行くこんな身体なれど、男に産んでくれた喜びの方が後悔の数よりも多少は多いのも事実なわけで。


「アタシはマゾヒストを産んだ覚えは無いぞね。」


___母さん。
あなたの息子は、誕生日だというのに、まるで駅のホームでふん捕まえられた痴漢のように、うつ伏せのまま後手に伸ばされた腕の痛みに耐えて尚、「有難うございました。」と御礼まで言いながら高いお金を支払うマゾヒストを今日も演じています。
___母さん、産んでくれて有難う___。

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

アイテム

  • 2016.06.24.jpg
  • 2016.06.18.jpg
  • 2016.06.11_02.jpg
  • 2016.06.11_01.jpg

月別 アーカイブ