2016年3月アーカイブ

聴いてくれる誰かが居る限り

| コメント(2)

さて、夜が明ければいよいよパンコール島滞在最終日。


この2ヶ月半、イカ釣りばっかでアンタちっとも唄ってないぢゃないの、アンタ本当に歌唄いなの?バカなの?とお思いのアナタ。ノンノンノン。陸に上がればほぼ毎晩、海岸通りで現地の仲間と一緒に弾き慣れぬクラシックギターとカホンで唄ったり、結婚式や自分の定宿とは違うホテルに呼ばれて唄ったりしてたのだよ。


2016.03.04_02.jpg

「ギャラの有る無し関係無く、どんなシュチュエーションでも本気で唄わないとその時間そのものが無駄になるし、積み重ねてきた自分の経験までが無駄になる。」
かつて、そう教えられてから、どんな場所でもどんなジャンルでも手を抜く事なく気を緩める事なく唄ってきたつもりで、此処パンコール島でも唄い終わればいつも、さっきシャワーを浴びたばかりなのに、また浴びないかんがな、とため息が出るぐらい、それはそれは本気で唄っていたのだよ、聴いてくれる誰かの為に。
時に通りすがりの欧米人を含む観光客。時に結婚式会場で手を叩いて喜んでくれる出席者。みんなそれぞれにボクの歌を楽しんでくれるのは、唄っているこちらも嬉しく、そして何よりミュージシャン冥利に尽きる。


その中でも一番自分が嬉しいのは、ボクがそのメロディーを唄い時始めた瞬間に、一層キラキラした眼差しと笑顔のリアクションをこちらに返してくれる子供たち。その瞬間が一番楽しいし嬉しいのだよ。ま、曲は「ドラえもん」なのだけれども。

さて、明日の最終日も思い切りボートをかっ飛ばして、そして思い切り唄おうかね、聴いてくれる誰かの為に______。

2016.03.04.jpg

無事帰国

「ずいぶん多くマレーシアに行かれてますね? なんでですか? お仕事か何か?」
「いや、単に旅行だけど。」
「それにしては多いし毎回長くいらっしゃいますね。なんでですか?」
「向こうに友人がたくさん居るもので。」
「そのご友人か誰かに荷物を預かったとかありませんか?」
「ごっざいませーん。中身見る? いいよ?見ても。」

叩いても埃なんか出やしないのにネチネチ聞いてくる若い税関職員を薄目で睨みながら返答をした後、税関を通り過ぎすぐに建物外にある喫煙所へ向かった昨日早朝、無事日本に帰国。

出発時に冬着を空港から知人宅に配送した為、成田空港の建物を出た途端に寒さにガクガクブルブル震える帰国と思いきや、向こうの冷房の効きすぎた高速バス用に持って行っていたペラッペラな上着一枚でも大丈夫なくらい。嬉しくもありその反対に比較的暖かい日が多かったらしいこの冬の様子を聞く度になんだか悔しい気もするのだけれども。

何はともあれ、パトロール中の警官に「プリーズ ショーミー パスポート」とか言われても可笑しくないほど、黒くというか薄汚く焼けたこの肌の美白作業を急がねばねば水曜日___。

切り替えるには丁度良い季節

昨日、henssimoの「やっていきちや!」や「キラキラ」を番組内でかけて下さっているRKC高知放送の『今日も元気にぱわらじっ』の水曜担当のパーソナリティーである久保田さんが番組を卒業するという事で急遽電話での生出演になったのだけれど、出演を終えた、つまり電話を切った次の瞬間から「自分のトークのつまらなさ」に深く深く落ち込み、しばらく何をする気も失せたのはきっと自宅で埃を被ったままでいる古い破魔矢や古札のせいだと、自分の力量不足を棚に上げる事に成功した本日3月最終日。丁度、気温も暖かいのでそれらを納めに新宿の花園神社へ。

昨今、新宿の街に増えた外国人観光客が節操なく大声で喋る境内で、頭上に咲く桜の花を眺めながら「やっぱり桜の花を見るとなんか嬉しくなるね。」「そうだね、なんでだろ?」と友達同士で話していた日本人女性のその会話に、「そりゃあ日本人だものー。」と心の中で頷くも、未だ日焼けした肌と肩に掛けた一眼レフ姿では、自分も東南アジアからの観光客の一人だと思われても仕方ない昼下がり____。

2016.03.31.jpg

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

アイテム

  • 2016.03.04_02.jpg
  • 2016.03.04.jpg
  • 2016.02.29.jpg
  • 2016.02.22.jpg
  • 2016.02.16.jpg
  • 2016.02.01.jpg
  • 2016.01.18.jpg
  • 2016.01.17.jpg
  • 2016.01.08.jpg
  • 2016.01.01.jpg

月別 アーカイブ