2016年2月アーカイブ

散髪してきたよ

| コメント(0)

同じ所に長くいるとそれはそれでいろいろとあるわけで。それは旅も日々の暮らしも同じ。眉間の皺を中指で押し上げる日々に、アナタに伝えたい事がたくさんあってこれを書こうとしたら、なんか表示が変じゃありませんか。


帰国する3月まで直せないと思うので、Facebookの方で行間を汲み取って頂くか、それでも此処を読んで下さる奇特なアナタは、此処のアドレスの最後尾に「i」を付けて再表示すればスマートフォン用のページに飛ぶのでそれで我慢して下さいまし。


ちなみに本日は釣りにも出ず、昼過ぎから島の美容院に行き散髪とカラーリングと称した白髪染め(全部で50Rm=約1,500円)。日本のモデル男子が掲載されたヘアカタログのページを指差しながら「これ! 絶対これにしてくれ!」と言ったのに、なんだこのほのかに漂うアジアンな雰囲気は_______。

2016.02.01.jpg

咳つぶて波紋ひろがる夜明け前

ただでさえ宿のWifiが遅いのに、宿泊客が増える週末ともなるとニュース記事を読むのもままならぬ状態で、ついつい表示に時間のかかるFacebookの方ばかりを優先させて、こちらの更新がおろそかになり、少数派のアナタの舌打ちが聞こえてきそうなので、昨日から一際ひどくなった咳のせいで睡眠不足の果てにこんな朝っぱらに目が覚めてしまった「ついで」に何かを記しておこうと。


さて、何から書けばいいのか。サボっている間にいろいろあったようにも思えるのだが、咳をし過ぎてボーっとなった頭が思い出すのは、2月前半から始まった旧正月の期間中、ボクの部屋の真ん前のビュッフェの朝の賑わいと、そんな中、ほぼ毎朝ボクの部屋のドアを叩いてボクを叩き起こす宿の孫息子の「ツカサーッ‼︎」という声と、こちらの暮らしとは全く関係のないアナタの横顔だったりするのはきっと、先週までの賑わいとはうって変わって、ボクの咳だけがその静寂な水面に波紋を立てるかのようなまだ薄暗い朝に、祭りの終わり、つまりは今回の旅のようなモノの終わりを感じているせいかもしれない。


まだ3週間弱もあるのにとアナタは笑うかもしれないけれど、時間に対する概念なんぞ人それぞれでボクからすれば「少しだけ」も「ずっと」もさほど変わらない。
ボクは「少しだけ」旅に出ている。そしてその旅先でアナタを「少しだけ」思い出す____。

2016.02.16.jpg

欲を捨てれば悔いも無し

パンコール島滞在も残すところあと2週間弱。
「悔いを残すことなく全力で」といきたいのだけれど、連日深夜に突然咳き込み始め、そのせいで暫くの間眠れぬ時間が続くので、ここのところ睡眠不足で昼間も大好きな海に出る気力すら失せていて、時折人前で疲れた顔を見せがちになる自分を救ってくれるのは、「ツカサー。」と寄って来ては素敵な笑顔をくれる子供たちだったり、お喋りの相手をしてくれる日本人の旅行客の方たちだったりする。


昨日でその日本人の方たちも全員がそれぞれ次の場所へと島を出て、それを見送ったボクはボクで、残された時間と体力と折り合いを付けながら、多分今日もこんな時間に咳で目が覚めたのだし、日中あれもこれもと欲を出して動いても良い事なんかないので、此処は無理せずのんびりと過ごしながら、今日午後に島に入って来る、かつてこの島で出逢った遠方からの友の到着を待つ事にしようかね。


_____欲を捨てれば悔いも無し。ただ穏やかな笑顔あるのみ。
またひとつ自分が目指す「自然」に近づいた感のある悟りを得ても、なかなかそれを実践出来ないのは、しょーがないじゃん人間ですものあっかんべー。
ということで、この程度の咳を憂いても仕方ないので、エッチな事でも思い浮かべながら二度寝する、ぢゃ_________。

2016.02.22.jpg

Have a good journey

| コメント(0)

貴重な休みの全てを使ってパンコール島まで来てくれた若夫婦を桟橋で見送り、そしてたった今、タクシーに乗り込んだ日本人大学生の男の子3人を定宿の前で見送り、当たり前の事なれど自分は此処でいつもこの島で出逢った誰かを見送っている。次の目的地を目指し重い荷物を背負う者の背中を。


笑い合った時間が多い分、別れた後の時間が寂しくなるのは旅も日々の暮らしも同じで、それでも見送る者が一人でも居るその道の先が旅立つ者にとってより良き地となるよう祈りながら、「またね。」と不確実な約束を交わしながら、いつもの涼しい笑みで手を振る。


そんな自分もあと6日もすればこの地を旅立つ者になる。それまでに手を振ってくれる者の為にやらねばならぬ事があるのでアナタを思い出す時間を少しだけ減らして、今日も海岸通りに向かおうかね_______。

2016.02.29.jpg

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

月別 アーカイブ