2013年12月アーカイブ

悪いね、オイラは先を行くよ

| コメント(0)

_____「アンタはお気楽でいいねぇ。」

自分が19歳から30歳ぐらいまで世話になった渋谷の某飲み屋の忘年会の席。昔の仲間から言われたそんな嫌味たっぷりの言葉に、「まぁね。」という返事だけを返すその涼しい笑顔の奥で、「1年に1度、しかも数時間しか会わない人に今のオイラのいったい何が解るんだい? それにオイラはわざわざ苦労自慢や病気自慢を話しに来たわけじゃねーよ。」と、完全に斜に構えたもう一人の自分が居る。

この戯れ言を飽きもせず読んでくれているアナタを含め、今現在の自分に関わる老若男女皆それぞれ、その質こそ違えど様々な憂いを背負いながらも、それでも互いに顔を会わせた時には笑い合っている。そんな仲間にかまってもらっている事が自分の誇りであり、どんな状況においても、たとえ其れが作り笑いであろうがやせ我慢であろうが、えんやこらどっこいしょっと前に踏み出せるのも、アナタや仲間のお陰であったりするけれど、お歳暮は贈らないので宜しくね。

要するにだ、昔話や苦労自慢に花が咲くその場所は、もう自分の居場所じゃなかっただけの話さ、少し寂しいけれど。それより未来の話をしようじゃないか、たとえそれが悲観的な未来であったとしても。いまわの際まで笑い合ったその人をボクは知っているのだし。その人の真似すべてが出来るわけではないけれど、一時だけでもアナタの憂いを忘れさせる為なら、ボクは何にだって成れる。

つーことで、12月08日(日)しば魂mini at 新宿NakedLoft。
満を持して"トミヤマ ツカオ(職業:漁業)" 4年振りに復活!!
BGMはもちろんあの曲、『おいらの船は300トン』___。

どうせならアタイの心に火をつけて

| コメント(0)

ここんところ、ストレスなのかなんなのか、余りにもタバコを吸い過ぎなので、ライブも近いことだし喉のコンディションを整える為にもせめて本数制限ぐらいはせねばと、久々に禁煙パイポを咥えたのだけれど、その禁煙パイポにライターで火をつける愚行を繰り返すにあたり、果たして自分はライターで火をつける行動がしたいだけかもしれぬと自身を疑い始めたのだよ。だってホラ、12月は放火事件の多い季節だし。
何はともあれ皆様、火の元にはくれぐれも用心めされよ___。

恋とそれは突然やってくる

| コメント(0)

風邪や体調不良の前兆は人それぞれ。
ボクの場合は、無意識にだいたい異常な量の食事を摂り始めたり、これまた無意識に突然身の回りの掃除を始めたりするのだよ。これは自身の万が一に備えて栄養を蓄えておこうという防衛本能なのか、そのまた一歩先の万が一にも備えてなるべく身辺を綺麗にしておきたいと思うのか、単に体が弱ってきているので細かい汚れなどが気になってくるのか、だいたいそれらの行動の後で寝込む事が多い。
ある時は満腹中枢が壊れてしまったのかと思えるほど飯を食べたり、またある時は突然部屋の窓枠を拭き始めたり。

で、こんな朝っぱらからまたもや『突然』、自室の空気清浄機をバラし、洗える部分には洗剤をつけ丁寧にブラシで擦っては部品に付着した汚れを落としながら「おいおい、ライブは日曜日やしリハーサルもまだあるぞ。」と多いに不安になる水曜日の始まり____。

その頂きを見上げながら

| コメント(0)

来てくれている人をいかに喜ばせ、且つ圧倒するか。
本日、同郷の先輩でもありボクのソロCDのアレンジャーでもあるN氏のレコード会社主催のライブに、サプライズゲストとして登場した布施 明氏の圧力を感じるその唄声とパフォーマンスを前に、たった1曲、たった数分間なのに、良い意味でニヤニヤさせられ、帰りの車の中で「で、日曜日のオイラはいったい何をすればいい?」と考えさせられた夜。こんな感覚はつのだ☆ひろ叔父貴のライブ以来なのだよ。いや、その前に出演した米米CLUBのジェームス小野田氏やジョプリン得能氏、五十嵐氏からなるJ.I.Jにも素晴らしいアンサンブルとは裏腹のダラけたMC、その両方にニヤニヤさせられたし、最近どーもTV画面から聞こえてくる音楽を『への字』口で聴く事が多かった自分に「いやいや、まだまだ捨てたもんじゃない。」と感じさせてくれた貴重な夜だった事はたしかなわけで。

で、問題は今週の日曜日だ。
こんな事を感じてしまったがために、結局は日曜日に行われる予定の自分のライブのハードルを自身で勝手に引き上げようとする"今更感"たっぷりの意識が芽生えてしまうのだけれども、かといってマライヤ・キャリーみたいに4オクターブも5オクターブも急に声が出せるわけでなし。ま、意識だけは自分が目指す所のその頂きを見上げながら、いつもの自分で演りますよっと___。

雑用係ともいふけれど

| コメント(0)

歌唄いの冨岡ツカサとして準備する事よりも『しば魂事務局長』として準備する事や物が圧倒的に多い上、元々が面倒臭がりなので先送りしてきた準備に今頃追われ、気がつけば金曜日はとっくに終わり、時刻は真夜中午前3時。

日曜日夕方。
良かったらアナタも来て下さいな。
そして共に笑って下さいな___。

いよいよ本日

| コメント(0)

こんな時間まで準備に追われるのは小学校の夏休み最後の日もしくは遊びに出掛ける前日ぐらいか。

何はともあれ、さぁいよいよ本日、しばてん魂レヴュー2013mini開演です。2,000円+ドリンク代握りしめて新宿NakedLoft(ネイキッド ロフト)へカモン!! 2,000円支払った事を後悔させないキャストがアナタをお待ちしております!!
まだ行こうか行くまいか迷っているアナタ、今年1年の嫌な事がチャラに出来る大チャンス!! 一足早く私よりささやかなクリスマスプレゼントもご用意しておりますので、是非是非カモンベイベー!!

何度も言うけれどオイラは、司会者U氏のヘタな喋りをチャラにする覚悟で全力で頑張るのだよ、トミヤマ ツカオと共に___。

サム・クックにゃ成れぬとも

| コメント(0)

昨夜の高知しばてん魂レヴューに来て下さった方々も諸事情で来られなかった方々も、どうかお体だけはお大事に、なるべく笑ってこの年末をお過ごし下さいませ。2013年のライブはこれで最後となりますけれど、来年もまた、堪えきれない哀しみも伝えたくなる楽しみもボクはやっぱりこの唇に乗せ、出来る限りの力で唄ってゆく所存でございますゆえ、気が向いたらまたライブの方にも足をお運び下さる事を切に願うと共に、変わらぬご声援と叱咤激励の方、隅から隅まで〜、あっずずずいっと〜、おん願い〜申し上げ奉ります〜る〜〜〜〜〜ヨッ、バカ村屋っ!!

2013.12.09.jpg

ダメダメヒーロー、その名はコタツ

| コメント(0)

ええ、サボっていますよ、これも含めて何もかも。

不摂生に不摂生を重ね、もはやコタツと一体化している体が悲鳴を上げ始め、痛風のシグナルを出してきたので、一週間ぶりに寝室のベッドに潜り込んだのだけれど、夢の中でもアナタには逢えず、代わりに見ず知らずの女性にあんな事やこんな事されて、中学生男子ならきっと夢精してるなこりゃ、なんて思いながら寝室を抜け出し再び階下のリビングへ行き、「パイルダー オーン!!」のかけ声と共に再びコタツと肩口までドッキング完了した体を丸めて寝る日曜の明け方___。

ロマンティックな犯罪者につき

| コメント(0)

ラジオからMarlena Shawの唄うCalifornia SoulやSmokey RobinsonのCruisin'といった70年代R&Bが流れる車内。流れる夜のロサンゼルスの街並みを窓に見ながらこのまま海まで行こう、東の空が明るくなる前に。ハンドルを握るこの車を含めいったいこれまでに何台、盗んだり運転手を引き摺り降ろして奪ったりしたかも覚えていない。それでもラジオのチャンネルは同じ91.1Mhzに合わせ、60年代〜70年代の小気味良いギターのカッティングに酔いしれる。
仲間からの宝石店強盗の誘いも、道端の売春婦の誘惑も、弱味を握られているFBIの悪徳捜査官からの命令も、今夜はそのすべてを無視してひたすら夜明け前の海を目指す。たとえカラーギャングやロス市警が行く手を塞ごうとも、もう誰1人俺の邪魔は出来ない。助手席に置いたカービンライフルのマガジンと俺の魂に満タンの弾がある限り。Undisputed TruthのSmiling Faces Sometimesが流れ終わる頃にはきっと海も見えてくる。殺戮の日々からも少しだけ解放され、少しだけ笑顔になれるかもしれない。

と、意味も無くひたすら車の中で曲を聴いている時間が圧倒的に長いので、肝心のストーリーが一向に進展しないR18ゲームの中でのお話。
サントラ盤出てるし、ゲームじゃなくてそっちを買えよというツッコミはロマンティックな犯罪者には通用しないのだよ、あっかんべー___。

商品によっては1年の売り上げのそのほとんどが12月というほどクリスマス商戦は侮れないのだよ。宝石業界では彼氏から彼女へのクリスマスプレゼントとして様々なアクセサリーが飛ぶように売れ、お菓子業界では普段量販店の棚に溢れるほどあるはずの源氏パイを始めハート型のお菓子が品薄状態になるのもこの季節。
そうなると当然、怠け者の自分などはすぐ「何がクリスマスを前に売れるか」という山師みたいな事を考えてしまうわけで、ここでは他社との競合を避け新商品を企画立案してみようと思うのだよ。

そこで、一応ミュージシャンの端くれである自分が考えたのが『アンチ・クリスマスソング』。最初からクリスマス在りきで盛り上がったり付き合ったりする浅はかな男女が存在する裏で、その闘いに敗れた者が同じ数だけ、いやもっといるであろう。また、クリスマスを前に別れてしまった者もいるであろう。また、自分のように何かと勘違いの多い日本のクリスマス自体に煩わしさを感じている者、そんな敗者やとり残された者や頑固者が、孤独と哀しみと鬱憤をここぞとばかりに吐き出す事の出来るアンチ・クリスマスソングを創ってみようじゃないか。独りカラオケで熱唱出来れば尚良し。おっし来年のクリスマス商戦には間に合わせてみせるぞ、えいえいおー!


大丈夫。この季節に胸がチクンとなるのはアナタだけじゃない____。

フリーズ中

| コメント(0)

寒すぎて脳ミソさえ動かせません、あしからず。

紡ぐ人の三回忌

| コメント(0)

その人は他人をからかう時も真剣に諭す時も、その頬に穏やかな笑みを浮かべ、常に最後は周りが笑顔で終われるような雰囲気を作り出す天才であった。反りが合わない人同士も何故かその人を中心に据えれば一緒の空間に居られて笑い合える、また、付き合った年数が長かろうが短かろうが分け隔て無くその笑顔はいつも平等であった。気配りの魔術師でもあり、その反面、自身の主張は自然に通していて、それに対して周りの誰もが納得をしていて、時にその技に気づいたボクなどが「ホント上手いね。」と言うと、わざと閉じた口元だけをニッとさせ、してやったりの笑顔を浮かべる姿に嫌味のカケラもなく、やっぱりボクらは笑い合っていた。

そんな彼の人と人との紡ぎ方をボクのような未熟者がすぐ真似出来るはずもなく、今でも彼の事を大好きだった仲間内でのボクは、彼の笑顔に守られていた頃と同じく我が儘で生意気な小僧である。たぶん彼が生きていれば、「ボクだってこれが正解かなんてわかんないよ。それにツカサはツカサの方法でやればいいのよ。」と、独特のオネェ言葉の交じった穏やかな口調で言うだろう。

Kさん、ホント化けてでもいいから困った時は出てきておくれ。
自宅のリビングの片隅で笑う彼の写真に手を合わせる2年目の命日___。

金運0の男

| コメント(0)

入るはずのお金は依然として入ってこず出て行くお金は止めどなく。
そんな2013年を遠い目をして振り返る連休最終日_______。

追い剥ぎになりますクリスマス

| コメント(0)

大好きな人と過ごせたアナタにも
独りぼっちだったアナタにも
気の合う仲間と過ごせたアナタにも
すべての人にメリークリスマス。

チッ、サンタ来ねぇかなぁ、
使い切れない程の大金背負って___。

宝くじより確率高し

| コメント(0)

電話を掛けた先が間違い電話ではないにせよ、普段電話に出るはずの人間ではない人の声を聞くと、人間は少なからず動揺をするもので____。

「ワイルドミュージックスクールでぇす。」
所用でかけた電話先の相手が発したその第一声が自分には「メリージェーン♪ オン マイ マイン♪」にしか聞こえないほど、明らかに電話を取った主はつのだ☆ひろ氏である。もちろん彼はこの音楽学校の校長ではあるけれども、事務的な事などは周りの運営スタッフたちが担当している為、細かい所までは把握出来ていない。そんな☆ひろ氏に「えーっと、体験入学希望なんですけど、笛で。」と偽って悪戯を仕掛ける勇気もなく、当然ボクの用事の内容を伝えても仕方なく、「また後でかけ直しますけど、誰も居ないからって、ひろさん電話出ちゃダメですよ!」と言って電話を切った自分を改めて見ると、それまでソファに横たわっていた体が正座になっているほど、つまらぬ小者臭が漂う木曜日。

体験入学希望者の方へ。365分の2ぐらいの確率でつのだ☆ひろ氏があの声で直接電話を取る、アナタにしてみれば嬉しいサプライズ?、ボクら関係者にすれば緊張と二度手間決定の瞬間があります。

便利屋じゃないっつーの

| コメント(0)

来月20日からのマレーシア・パンコール島への越冬の旅を前に、少しでも旅の経費に役立てようと、去年から今年にかけてニューヨークで買って来た値札の付いたままの新品のTシャツをマレー人の友人たちに売りつけようとFacebookに写真を載せたら、あっという間に予約で一杯に。もちろん、こちらも儲け無しの値段なので当然と言えば当然なわけだけれども。
こちらは持て余していたTシャツを処分出来て、おまけに数日分の宿泊代にはなるのだし、相手もマレーシアでは手に入らない物が送料無料で手に入るのだし、ここまでだったらWin-Winの関係で良かった良かったと話は終わったのだけれど、そこからが困ったもので。
そもそも数枚しかないTシャツに対し、やれこのデザインのXLサイズは無いのか?だとか、レディースはないの?だとか、挙げ句の果てにはただ単に「お土産は洋服が欲しい」だとか「タミヤの○○買って来て」だとか、もう好き放題の書き込みに正直ウンザリしているのだよ。
この広い東京でそれぞれを買いに行くのにどれだけ手間暇がかかるか、その大変さを解っていないし、ただでさえスーツケースの半分がお土産で埋まって、本来自分が必要とする物も少なめにしているというのに。

イスラム教の教えが『富める者は貧しき者に施しを与えよ』なので、ボクの事を余り知らない彼らがボクを富める者だと勘違いしている限り、これまでの善意も含めてねじ曲げられていってしまう。ボクの懐事情も含めてボクをよく知るボート屋の家族や定宿の家族は一切言わないし、言ったとしてもせいぜい「お菓子買って来て。」ぐらいだ。そのお菓子が荷物の中で一番嵩張るのもこれまた困りものなのだけれども。

いやいや、人の善意というものは本当に難しいと思い知らされる年の瀬__。

2013.12.27.jpg

水に流しておくんなせぇ

| コメント(0)

忙しそうに動き回る奥方に「アンタら邪魔。」と言われながら、4階のリビングで☆ひろさんと2人でDVDを観たりして過ごし、結局は"役立たず"のレッテルを貼られるのが通年の事なので、もう慣れっこではあるけれど、この1年、水に流したい事がいろいろあったかどうかは別にして、今年は自ら『男子便所』の掃除に名乗りを上げたワイルドミュージックの大掃除___。

欲望の果てに残るカケラ

| コメント(0)

_____アナタが笑顔であればそれでいい。

2013.12.30.jpg

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

アイテム

  • 2013.12.30.jpg
  • 2013.12.27.jpg
  • 2013.12.09.jpg

月別 アーカイブ