2011年8月アーカイブ

夏風邪でした

今年の夏風邪は喉にくる。
とゆーことで、久々に日記のようなモノを復活。

9月11日のhenssimoライブの準備だったり、
その他のイベントの準備だったり、
他人様からの頼まれ事だったりを仕事の合間にしながら、
そろそろミュージシャン脳に戻りたいとは思いつつも、
他にだーれも手伝ってくれるわけでもないし、と拗ねてみても、
オッサンなので可愛くもなんともないまま
気づけば早くも8月に突入。

今月は頑張ります。あくまでボクなりにですけれど____。

回転と停止の狭間で

来月のライブのセットリストを考えたり、
フライヤーのデザインをしているうちに、
案の定というか煮詰まった。
で、天気も良いので気分転換に
リビングのカーテンを洗ってみる事にした。

洗濯機のドラムの中で、
グルンピシャン、グルンピシャンと
その身を回されては打ち付けられるカーテンを
わざわざ別の部屋から持ってきた椅子に
腰かけただただジーッと眺めている、
端から見れば「とても無駄な時間」が
自分にとっては大切だったりするのだよ_____。


2011.08.05.jpg

考えてるってば(汗)

| コメント(0)
henssimoメンバーへ業務連絡。
セットリスト、もうちょい待ってくれ。
すまぬすまぬ。
あと2,3日中には必ず。

と、この言葉を先々週から言っているような気がする、
まるで高利貸しから金を借りている気分の月曜日。

金利代わりじゃないけれど、これでも観て笑ってよ。

不出来でゴメンね

| コメント(0)
父親の墓はたぶん今年も雑草が伸び放題なんだろうなぁ。

と、思っていた盆の中日。
高知の母親から電話があり、午前中に弟夫婦やその子供たち、
要するに不出来な長男を除く「冨岡家」全員で
墓掃除を済ませたという知らせに、安堵するも、
やっぱり何処か申し訳ない気持ちに苛まれる日曜日_____。

盆の送りに思ふ事

| コメント(0)
んーライブの曲順どーしよー。

さて、世間はお盆休みも終わりを迎えて、
各交通機関のUターンラッシュのピークも過ぎた今頃になって、
高知に帰ろうかと昨日辺り思った次第。
しかしながら、思いつきの帰省にかかる交通運賃は
思いのほか高く、パソコンの画面に表示されたその金額を見て、
そこから先の「決定する」をなかなかクリック出来ないでいる午前0時。

でもね、お金が高いからという理由だけで、
この限られた時間、死ぬまでに家族や友人を含めた大切な人たちと
逢える機会をみすみす減らしてゆくのも、それはそれで違うだろと。
ま、もっと早い時期から帰省する計画を立てておけば、
こんな哲学的な御託を並べなくても済むわけだけれども。

んー、どーしよー。
たぶん朝まで悩むなこれは________________。

南下始めました

| コメント(0)
ツイッター風に云うと、 品川駅なう。 2011.08.17_01.jpg

続・南下始めました

| コメント(0)
3時間半、新幹線に揺られ ようやく岡山駅に到着。 ここから南風11号に乗り換え、さらに2時間半。 全席禁煙が辛いぜ。 2011.08.17_02.jpg

南下終えました

| コメント(0)

2011.08.17_03.jpg


瀬戸大橋を渡り本州から四国へ。
や~まを越え谷を抜け~♪
2時間半が過ぎ...、
高知に南下終了。

2011.08.17_04.jpg

右から、中岡慎太郎、坂本龍馬、武市半平太。

一年ぶりの帰省

| コメント(0)

一年ぶりに高知に帰省して、日々何をしているかと云うと、
先々月亡くなった友人を忍んで弟の店で唄っていたり、
11月に新宿ロフトプラスワンで行われる「しば魂」の
スポンサー探しに奔走したり、
実家の真ん前に出来た新しいパチンコ屋で、
見ず知らずのおばちゃんに
「ニィちゃん、この台あと100回以内で出るで。
騙されたと思ぉてやってみぃや。
オバチャン今月この台に20万入れちゃあるき。」
と、マンツーマンで指南されながら、
20万円も負けている人のアドバイスは端っから
聞くつもりもないけれど、話し相手ぐらいには
なっちゃったり。
夜は夜で、顔を出す飲み屋の各店で懐かしい顔と
再会したり。シャッターを下ろしたままの亡き友人の
店の前で思い出と遊んでみたり。


そして今日も_________、
朝早くから遊びに来る甥っ子たちに
顔を踏まれて起きる、高知での休日。

2011.08.22.jpg

本来の姿

| コメント(0)
ただでさえストレスが溜まりやすい上に、先の原発事故による
放射能漏れなどでさらにストレスが溜まる東京に比べ、
高知は先の東日本の震災の影響も余り見られず、
子供達は外でのびのびと遊び、大人達はゆるりゆるりと働き、
いつもと変わらぬ風景が其処にあった。
これが本来の姿なのだよね。

ただ、いつもと変わらなすぎて、東北地方の人達の苦労や
頑張りを他人事のように考えてしまわぬよう。
自分たちに出来る事を少しずつでも実践してゆく事を
まだ幼い甥っ子たちに言い聞かせるも、
いかんせん甥っ子二人とも幼すぎて、ボクが言っている傍から、
トンボを追いかけ道をダーッと駆けてゆく。
風が秋の訪れを知らせるそんな高知の夕暮れ______。

帰京

| コメント(0)
飛行機移動の時は必ず「落語」チャンネルを聴く。
いや、実際は本題に入る前の話、いわゆる「枕」の部分で
寝てしまうのでちゃんとは聴いていない。
で、今回も、飛行機が離陸から上昇に入り、
機内アナウンスが一通り終わり、名人・桂米丸師匠の高座の
枕の部分で意識を失い、飛行機が羽田空港の滑走路に
着陸した衝撃で再び意識を取り戻した頃には、
再び米丸師匠の高座の同じ枕の部分だったという、
いつものパターンで、とりあえず無事帰京______。

水温 de オータム

| コメント(0)
寝不足でボーッとする頭を洗面台の蛇口の下に垂らし、
水道の蛇口をひねって短髪の頭にかける。
ついこの間まで、生温かった水もすっかり冷たくなり、
もう秋がそこまで来ている事に気づく八月の終わり___。

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

アイテム

  • 2011.08.22.jpg
  • 2011.08.17_04.jpg
  • 2011.08.17_03.jpg
  • 2011.08.17_02.jpg
  • 2011.08.17_01.jpg
  • 2011.08.05.jpg

月別 アーカイブ