2011年5月アーカイブ

嫌な疲れ

| コメント(0)
世の中はゴールデンウィークの真っ只中なのに、
こちとら強風吹き荒れる不穏な空模様の中、
今日も部屋探しに明け暮れ、夜遅くに帰ってきたと
思ったら財布がない。
どうやら不動産屋の車の中にカバンごと忘れてきたらしい。
それほど疲れたって事だ。はぁ____________。

だって食べたかったんだもん

| コメント(0)
某焼き肉店の食中毒事件があったばかりの
こんな時になんだけれど、
朝食は総菜パンに昼食が素うどんといった具合に、
一日中小麦粉ばかり喰っていては
それこそ栄養失調になりそうだったので____。
2011.05.05.jpg

押し売りに注意

| コメント(0)

八百屋を名乗るけれど店名も言わず、
段ボール箱を抱いて不自然な笑顔を浮かべた
若造風の男がインターホンのモニターに映る。

「八百屋ですけど、ご挨拶に来ました。」

「で?」

「え?ご挨拶回りをしてまして。」

「で、何?ウチは野菜頼んじゃいねーよ。」

「ご挨拶回りでして。」

「ご挨拶も頼んじゃいないよ。」

「とりあえず玄関を開けて頂け・・・。」

「仕事中なんだけどねぇー。」

「失礼いたしますぅ〜。」

八百屋を名乗る押し売りにご注意下さい。

引き籠もってます

| コメント(0)

パソコンの外付けHDD2号の調子が悪いので、
昨晩からずーっと初期化してるのだよ。
初期化もOSのインストールものろまなんだこれが。

外は一日中雨降り。つまらん。

妄想スランプそして逃避

| コメント(0)

さっき浮かんだコトノハが、
次の言葉を待ちきれず
淋しそうな顔をして、
くわえタバコの煙の先に消えてゆく。
ボクはボクで
もう少し待ってくれてもいいのにと、
苛立ちを灰皿に押しつけた後、
また次のタバコに火をつける。
どちらが悪いかさておいて、
すれ違う時はすれ違う。
恋と同じだ。

などとロマンチストを気取ってみても、
はっきり言えば単なるスランプなだけなので、
外は雨にもかかわらず夜の新宿へと逃げ出し、
ゴールデン街、二丁目と一人ハシゴの木曜日__。

変わるモノと変わらぬモノ

| コメント(0)

そーいえば、オレはコイツが小学5年生の頃から
一緒に空気銃とかを打ち合って遊んでたっけ___。

一人で晩飯を喰うのもつまらぬので、
近所のI氏の家にお邪魔し、飲み物の買いだしに
そこの息子Kと二人でコンビニへ向かう道。
自分の隣を歩く今年27歳のその青年に、
今では背も年収もすっかり抜かされてしまっている。
それでもコンビニで、財布の薄さも気にせずに、
一緒に買った飲み物やアイスクリームを奢るトコロが
今も変わらぬ"おにーちゃんイズム"な金曜日____。

小夏

| コメント(0)

友人Fが実家から送られてきた「小夏」を
お裾分けしてくれるというので新宿ゴールデン街へ。

小夏は高知の特産品のひとつで、別名「日向夏」、
「ニューサマーオレンジ」と呼ばれる。
表皮をナイフ等で向き、内側の薄皮ごと食べられる
というか、その食べ方が一番旨いのだよ。
小夏の入ったビニール袋に顔を突っ込み、
初夏の香りを楽しむ気の早い土曜日の夜_____。

2011.05.14.jpg

音楽の時間

| コメント(0)
アンサンブルゼミの日。
まったく音楽という道は、
教える方も教わる方も共に答えを求め探し続ける、
まるで修行僧のような道なれど、
かといって眉間に皺を寄せているばかりでは、
音楽をしている根本的な意味が無くなるので、
やっぱりボクは笑っていようと思ふのですよ__。

喰えていないイメージ

| コメント(0)

「H報堂のRさんたちから美味しい炒飯の
 お土産を貰ったからいらっしゃい。」

夜遅く、マスターに電話で呼び出され新宿2丁目へ。
夕方に食べた遅い昼飯がまだ腹の中に残っては
いたのだけれど、2丁目の常連たちは未だに、
ボクの事を飯もままならない人間として認識して
いるので、こちらとしてもその期待に添うべく、
相手を待たせすぎないようTAXIで駆けつける。

本当は行きと帰りのTAXI代で十分旨い物の
一品や二品は喰えるのだけれど、わざわざ
呼んでくれるマスターの気持ちが嬉しくて、
あまり空いてもいない腹に炒飯をかきこむ木曜日___。

来月のライブに向けて

| コメント(0)
ただいま来月のhenssimoライブで演る曲の
リストアップ中。
んー悩む。いっそリクエストにしたらどーかね?

オトナは辛いよ

| コメント(0)

誰もが傷つかぬ着地点を探しても、
結局それは誰もが傷つく着地点だったりするので
難しい。
ならばオイラは敢えて悪役レスラーの覆面を被るとするか。

おっと明日はワイルドミュージックスクールでオレゼミだ。
早く寝なければの午前3時30分。

寝不足 後に覚醒

| コメント(0)
睡眠不足のままゼミに行き、
こんなテンションでは生徒に申し訳ないと、
可愛い子ちゃんに目覚ましのチューを求めるも、
あっさり断られ、案の定ピント外れなテンションのままゼミを終え、
いやいやこれではいかんと、途中エスプレッソのダブルで
目を覚まそうと試みるも、どうやら体自体が限界らしく、
帰りの電車の中で何度も立ったまま意識を失い、
3Lサイズのフィリピン人ダンサーの彼女と、
その彼女の誕生祝いにわざわざ家まで来てくれたHちゃんの
話し声を子守歌に2時間ほどリビングで寝させてもらい、
再び目覚めてから朝の5時まで、すでに半眠りの
Hちゃん相手に1人テンション高く旅の素晴らしさを説く、
Hちゃんにとってはなんとも迷惑千万な火曜日_____。

案の定というか

| コメント(0)
で、風邪をひき寝込む水曜日。

ボクが彼と組む理由ードラマー編ー

| コメント(0)

そうそう。
つい先日、パール楽器のドラムモニターパンフレットを
何気に眺めていたのだよ。
其処には、ボクのようなオッサン世代では名前を覚える事も
困難な若手メジャーバンドのドラマーたちから、ボクが
青春時代に心を焦がしたバンドのドラマーたちまで、
蒼々たるドラマーたちの顔写真と名前が載っているのね。

「知ってる。知らね。知ってるかも。やっぱ知らね。」
などと、並んだ顔を順番に流し見してゆくと、
ほぼ最後の列の大御所たちにさしかかる手前ぐらいに、
見慣れたニヤけた顔とその下に「武田 光太郎」の文字。
いや、以前からモニターなのは知っていたし、
別段驚く事でもないのだけれども。

プロの世界は厳しい。たとえ人柄がどんなに良かろーが、
その個人が好きだろーが、それが選定基準にはならない事
ぐらいは誰もが知っている。
関係者からすれば、そのニヤけた顔を載せるにあたり、
そこに彼の師匠である御大つのだ☆ひろ氏やパール楽器の
Y氏のはからいが見えないわけではない。

長々と書いて、結局何が言いたいかと言うとだ。
もちろんボーカルの自分が唄いやすいドラムを常に心がけて
叩いてくれる彼の腕前への評価もあるのだろうけれど、
彼の素顔を少しだけ知っている人間からすれば、
蒼々たるドラマーたちの中で唯一、その腕前よりも彼の人柄と
いうか、人生の紆余曲折の方を多分に評価して載せてくれて
いる感の強いパール楽器に、「人が奏でるメーカー」らしさを
感じるのはやっぱり贔屓目か(笑)。

と、ここまで読んだ人が誤解をするといけないので、
最後に言っとくけれど、その大部分は自分と同じで、
限りなくだらしのない人間である事をお忘れ無く_____。

情熱・微熱・風邪の熱

| コメント(0)

深夜帰宅後、上唇に熱の花が咲き誇らせながら、
パソコンの前でライブ候補曲のリストアップに頭を悩ませる。

うーん、うーん、うーん・・・。
曲順で悩んでいるのか熱にうなされているのか、
もはや自分でも解らない金曜日_______。

それでも煙草は旨いのさ

| コメント(0)
熱の花が破れ、そこから出血。
これじゃ可愛い子ちゃんとチューも出来ねぇ。

ここからヒラ〜っと

| コメント(0)

「あのビルの屋上にパラシュートで降りたって、
 ライフルで狙撃するのがベストか・・・。」

つのだ☆ひろ夫妻と打ち合わせの為、
雨の中を自宅から歩いてやってきた新宿パークタワービル。
待ち合わせの時間より早く来すぎ、
一人通された51階のレストランのロビー。
場違いな場所に迷い込んだ居辛さはこの上なく、
窓から見える新宿のビル群を眼下に、
グランドセフトオート(18禁のゲーム)の世界に
逃げ込みながら、濡れたジーンズの裾を乾かす日曜日___。

2011.05.29.jpg

閉ざされた部屋にて

| コメント(0)

窓もカーテンも締め切り、
パソコンモニターの明かりだけがともる薄暗い部屋で、
ヘンシモメンバーに渡すための新曲の仮音源を作成中、
マレーシア・パンコール島の友人から電話。
今日はパンコール島は雨らしい。

____どこか出かけたくなった。

2011.05.31.jpg

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

月別 アーカイブ