2010年10月アーカイブ

うー眠い

| コメント(0)

日付の関係で自分自身が迷うので、いつも
上の投稿時刻はだいたい23時ぐらいにしてあるのだけれど、
正確には今は10月03日の午前2時半過ぎ。

いよいよ明日は「しばてん魂レビュー2010」で、
henssimoのライブ準備に加え、
しば魂の準備がなんやかんやあり、気がつけばこんな時間。
明日の入り時間までに、まだまだせにゃーならん事が
山ほどあるのだけれど、いかんせん眠い。
うーん、作業途中でゴールデン街に抜け出したのがまずかった。
と、いうわけで改めて「あっぷんつぅ」7周年おめでとう!

さて、明日のヘンシモライブの登場S.Eは
せっかく高知のイベントなので、ほとんどの高知県人が
唄えるあの歌にしてみようかと思う。乞うご期待!!
とりあえず、光太郎さんの50周年をからかいながら、
みんなで遊ぼうや________________。

しばてん魂レヴュー2010

| コメント(0)

1回目の懸垂で右腕の上腕二頭筋がプチッと
音を立てた事をも忘れられたのは、
やっぱりみんなからの歓声だったり
笑顔だったり。ほんまに有り難う。

こーしてキーボードを打つのも右腕が
やけに重たい素顔に戻った現在午前5時__。

くだらない事ならすぐ考えつく

| コメント(0)

あー旅に出てー。
あー旅に出てー。

十数年前からコンスタントに続けている東南アジア独り旅も、
この日記のカテゴリーの「旅」のページを読んで頂ければ
わかるように、ここ数年はもはや「旅」と呼ぶにはおこがましく、
どっちかというと「里帰り」的なニュアンスの方が強いので、
正確には
あー里帰りしてー。
あー里帰りしてー。

しかし、いかんせん旅費が無い。
せっかく格安航空会社のエアアジアが今年の12月から
羽田ークアラ・ルンプール間を就航するってゆーのに、ちっ。

そこでだ。ツアー旅行の煩わしさから解放されて、個人旅行を
楽しみたいけど、やっぱり不安だし・・・とゆーアナタ!
常夏の国マレーシア・パンコール島で、ゆったりとした時間を
過ごしてみませんか!?
「アイ ウォント イート」程度のカタコト英語が話せる健康な
方ならそれだけでOK。
あとは「無駄にマレー語堪能」なワタクシにお任せあれ。
ボートトリップやシュノーケリングのオプション手配、
地元の人達との交流、体調不良などによる薬屋での通訳
などなど、ツアー旅行では味わえないアナタだけの旅を
お助けいたします。

いえいえ旅行代理店業務とは違います。
あくまでワタクシは「里帰り」。
たまたまアナタと行く方向が同じだったとゆーだけですよ。
で、肝心の「謝礼金」の方は、ギブアンドテイクっちゅー事で
ワタクシの10日間の「里帰り費用」でいかが?
興味のある方、カテゴリー「旅」のページをご一読頂き、
お声をかけてくださいまし。

とゆーよーに、くだらない事ならこーしてすぐ考えつくほど
「旅の虫」がウズウズ疼く季節になりにけり_______。

すごろく人生

| コメント(0)

水面の波紋の広がりを
眺めるだけの情けなさ
脇道 道草ごまかして
動かぬ駒にも理由はあれど
手のひらの中のサイコロを
振らねばあがりも見えてこぬ
鬼が出るのか蛇が出るか
恨みっこ無しでいきやしょう______。

赤子の気持ち

| コメント(0)

この連休中ずっと風邪。
額にあてた市販の冷却サポーターだけでは間に合わず、
アイス枕ごと頭部に巻いているのだけれど、
ただでさえ風邪で頭が重いのにアイス枕の重さが加わり、
気を抜くと首から上がガックンガックンなり、
きっと首の座らぬ赤子も赤子で大変なんだろうなぁと、
またもやくだらぬ事に想いをはせながら咳き込む休日。
ガックン____________________。

ポカポカやね

| コメント(0)

所詮喰えぬ魚を釣ったところで、
いったい何が面白いのかとも思うけれど、
吹く風も心地よいこんな小春日和の日には、
お日様の下でのんびりと竿を垂らすのも
それはそれで気持ち良さそうやねぇ。

JR市ヶ谷駅のホームから見える釣り堀を眺めながら___。

咳止めとタバコと思い出と

| コメント(0)

いまだ咳止まらず。けれどタバコ美味し。
うむ、健康健康。

静かな静かな日曜日の景色を、
窓の内側からくわえタバコでボンヤリ眺めながら、
考え事をしてみたりしてみなかったり。

「どれだけ運命的な「縁」が其処にあろうなかろうと、
 それをないがしろにしてしまっては何も実らぬ。」

またひとつ賢くなってしまったどーしよー。
それが遅いかどーかは別にしてゴホゴホゴホ____。

仕分け作業エレジー

| コメント(0)

別に今流行の「断捨離」に感化されたわけではない
のだけれど、理由あって物を捨てなければならず。

不要な物を捨てる________。
と、言葉だけなら簡単なこの行為も、
「いつかは使う時がくる」と思ってしまう
典型的なお婆ちゃん子の自分一人には、なかなか
難しい作業になってくる。
そこでFくんとHちゃんを呼んで背中を押して
もらおうと思ったのだけれど。

「これは着るで、たぶん着るで。」

「ツカサさんと知り合ってかれこれ8年ほどに
 なりますけど着てたトコ見た事ありません。」

「あっそう。でも着るで。」

「いや、捨てましょう。」

こんな駄々っ子をなだめるようなやりとりが延々続き、
結果、ゴミ袋8袋分ぐらいの衣類を捨てたのだけれど、
まだこれはほんの一部でまだまだ衣類を始めあらゆる
物を捨てなければいけないのだよ。

しかしながら、この金の無い時に
さらに物を捨てるのは心細いったらありゃしない日曜日___。

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

月別 アーカイブ