2010年4月アーカイブ

電子タバコを試す

| コメント(0)

今さらながらという感は否めないけれども、
喫煙本数を減らすべく、最近喫煙者の間で
密かに流行の「電子タバコ」を買ってみたのだよ。
ホラ、水蒸気だから害は一切ありませんってヤツ。

スー、プハー・・・。んーなんだかねぇ。
吸う時の力も結構必要だし、普段メンソールを
吸っているせいか、これだったら本物のタバコに
火を付けずに吸っている方がまだ味もするし刺激もある。
しかめっ面で電子タバコを咥えるボクの傍らで、
自動運転の空気清浄機が「ホコリ」ランプを真っ赤に
点灯させて、グォングォン何かを吸い込んでいるのが
ちょっと怖い。本当に無害かコレ?_______。

2010.04.02.jpg

隠す

| コメント(0)
家の近所の美容室に行って、
なんとか円形脱毛症を隠して貰ってきた。
さて明日の準備の続きをしよう。

寝かせてオッチャン

| コメント(0)

見ず知らずのお客さんたちまでもが終演後CDを
買ってくれた事からしても、今夜のライブは
「良いライブ」だったんだろうと思う。

けれど____。今晩みたいに変化球ばっかり投げて、
一応今日の試合にはなんとか勝ったかもしれんけんど、
ほんまにそれでええがか?おんしゃ(オマエ)、
このまんま変化球投手にでも転向する気ながかよ?
どーながぜ?ええ?
とボクの心の奥の方で、ヨレヨレの野球帽をかぶっ
たオッチャンがメガホンをバンバン叩きながら
土佐弁でまくしたてる。

オンチャン、ご覧の通り体もヘトヘトや。
今日は勘弁してそろそろ寝かせてくれんろぉか。

ほぉかよ。眠いがぁやったら早ぉ寝ぇや。
ほいたら最後に聞くけんど、今晩来てくれたお客さんに
おんしゃが本当に見せたいボールはそれか?それやったがか?
へーオッチャン初めて聞いたちや。
それならええわ。オヤスミ、ミスター変化球。

メガホンを口にあて、わざとらしい口調でそう言う
オッチャンの蔑んだような眼差しから逃げるように
寝室に向かう途中、暗い廊下でぼんやりみつめた
自分の右手の握りは「ストレート」________。

花咲爺さん

| コメント(0)

最近思ったんだけど、ボクやっぱり少し変なのかしら?」
と、真顔のままオネェ言葉で自問自答する還暦をとっくに
過ぎたオジサン。昨日のライブの為にわざわざ四国から
上京して来てくれたその彼の「昔からずっと変」なエピソードを
酒の肴に、会話の花が咲く新宿2丁目の馴染みの店。

ま、花が咲くと言っても、
共に還暦とーっくに過ぎたマスターとその彼が中心なので、
咲いても姥桜なのだけれども_____________。

ピースな遺影3

| コメント(0)

アンタの命日を忘れていたわけではなく、
いや最近では一日二日前後して、あやふやには
なっているけれど、こーして毎朝、いや、最近では
忘れる朝も多かれど、ピースサインをしたアンタの
遺影に水をやりながら、そーいえば中学生の時分に、
アンタが毎朝作る「ウナギの蒲焼き弁当」を、
今日もウナギかやと級友たちにからかわれるのが嫌で、
弁当をわざと忘れて学校に行ったのだけれど、
その度いつも3時間目の授業が終わる頃に、
廊下の窓の向こうに、弁当を下げたアンタの姿があり、
ウナギのタレがビッシリとしみこんだ弁当袋を
そそくさとボクに手渡すと、片道2.5kmほどの通学路を
再び家まで歩いて帰ってゆく小さなアンタの後ろ姿を
何度恨めしく思いながら見送った事か。
まー他にもいろいろあるけんど、今日はこのぐらいに
しちゃろ。ほいたら、行ってくるきね。

今日もピースサインをしたお婆ぁの遺影に見送られ__。

2010.04.10.jpg

あの音がね

| コメント(0)

いくら家から近くても、
いくら可愛らしい歯科衛生士さんに
クリーニングしてもらっても、
やっぱり昔から歯医者は苦手なのだよ。

また来週も来て下さい、だとさ___。

ごめんねKちゃん

| コメント(0)
ーいえば、先日のライブの打ち上げの席で、
1月に一緒にマレーシアに行ったKちゃんから、
彼が撮ったカメラのDATAを頂いていた事を
今さっき思い出し、パソコンで確認したら・・・。

例の「ピラニアビーチ」(「ピラニアビーチへようこそ」
2010.01.26を参照)で、僕らにパンをぶつけられるという
半ば虐めのような状況の中で、それを目がけて寄ってくる
無数の熱帯魚たちの群れの中で、「痛たたたたーーっ!!」と
シュノーケル越しにわめきながらも、彼が懸命に撮ったで
あろうと思われる数枚をここに紹介しよう。

まずこれ。
2010.04.12.jpg
正確にはピラニアではないものの、結局は魚なので、
魚程度の脳みそでは、パンと指を区別して喰うまでは出来ず、
ついつい指を囓る。危ない。Kちゃん危ない。

次にこれ。
2010.04.12_02.jpg
コイツはアイゴの仲間で、背びれの先に毒の棘があり、
いくら微毒といっても刺されりゃ半日ぐらいは疼く。
危ない。Kちゃん危ない。

最後にこれ。
2010.04.12_03.jpg
時折、底の方から他の小魚たちを蹴散らして、
ヌアッとやってくるコイツはブダイで、
岩をも削るほど強力な歯の持ち主で噛まれたら洒落にならん。
危ない。本当にKちゃん危ない。

ということで、一歩間違えれば、保険会社に申請せにゃ
ならんほどの事故になっていたかも、と。
この歳になってようやく学んだ。
人に向かってパンは投げちゃダメだと。Kちゃんごめんね____。

なんじゃこりゃ!?

| コメント(0)

先月の横浜と先日の新宿のhenssimoライブの
写真DATAを選別中なのだけれど、
Hちゃん(ゲーマー8段)の撮影した物が
またもやほとんど使えない事が発覚。

うーん、高い焼き肉奢る前に、
DATAをチェックしとくべきだった。
返せ! 今さらちゃんとした画像DATAを
返せとはそりゃ無理な話なので、高級ロース返せ!!

籠もってます

| コメント(0)
今週明けから再びというか三度というか、
いやこれで何度目かも忘れたのだけれど、
新宿2丁目の馴染みの店が2週間ばかりの
休みに入った。
マスターの癌治療の為の入院にともなう
休業で、その事は前々から知らされては
いたのだけれど、立ち寄れる店が無いと、
なんだか憂鬱な気分にもなるのだけれど、
この時期は、休眠会社の決算書作成やら、
まだしていない再登記申請書作成やら、
次のライブのフライヤー作りやら、
使えない写真DATAの選別やら、
レコーディングの準備やら、
まー何かとやらねばならぬ事だけは山ほどある。
ダラダラとでいいから、さて何から手を着けようか___。

おめでたう

| コメント(0)

他人様の名前をなかなか覚えられないのに、
遠い学生時代に好きだった女の子の誕生日は
いまだに覚えていたりするこの無駄な記憶力。

という事で、今日誕生日のアナタおめでたう。
ついでに明日誕生日のアナタおめでたう。
それだけ恋心多き少年だったわけなのだよワハハハハ!

でも、誰かが自分の誕生日覚えてくれてるって
ちょっと幸せな感じやろ?________。

何をやろう

| コメント(0)

「ツカサくん、アコースティックで何かやって。」
というご要望に応え、明日はつのだ☆ひろ氏が主催する
ワイルドミュージックスクールのアコースティックライブで、
「何か」やる予定なのだけれど、未だに曲が決まらない。

「何かやって。」というこのような漠然なリクエストを
気軽に頼まれやすい星の下に生まれ落ちた、良く言えば
オールマイティー、悪く言えば「便利屋」的な自分の宿命を
呪いながらも、かといって「じゃあ手品でも。」という
わけにもいかないだろうし、プロを目指す若い子たちの前で、
ちゃんと何かを伝えてあげないと「気軽に」呼ばれた
意味もないだろうと、珍しく真面目に曲選びに悩んでいる
のだけれど、まぁ、人間出来る事と出来ない事があるわけだし、
今日出来ない事が明日出来るなんて美味しい話は無いのだから、
いつもの冨岡ツカサでゆくしかないべー、と
取り出した譜面はフィンガーファイブで『個人授業』___。

面白かったよ

| コメント(0)

ただでさえ時間が押しているのに、
司会がボクとつのだ☆ひろ校長という
「喋りたがりぃ」な二人なために、
結局のところ、1時間半もの押し状態になり、
「ゲスト」として呼ばれていたたボクのライブの
持ち時間を自ら削り、予定していた4曲から
急遽2曲に切り替えて行った本日のワイルドミュージック
スクールのアコースティック・ライブ。

まったく融通の利きすぎるお手軽なゲストだ事。
と、自分のお人好しさを呪いながらも、
まー2曲だろうが要は「伝えられりゃ」良いわけだし、
ヘンシモのライブでもお馴染みに『照るしのウタ』で、
先日、お母さんを亡くしたばかりの川勝氏の弾く
ピアノと共に、ボクなりのお見送りは出来たので、
満足っちゃー満足なのだよ_________。

宿題の山に埋もれ

| コメント(0)

やらないかん事とやりたい事があまりにも違っていても、
オトナっちゅー生き物は黙々とやるモノなのである。

などと、一生懸命にオトナのフリで自分を
誤魔化しながら、時折、髪の毛を手でかき分けて、
円形脱毛症の治り具合を確かめる火曜日。

BGMはエアロ・スミスで『Walk This Way』___。

ああ、今年も行くよ

| コメント(0)

漫画家の故・はらたいら氏に初めて連れて行って
もらった時から、もうかれこれ17年。
それから毎年、始めはボクと元嫁と
henssimoのギターでもある冨士との3人で
始めた沖縄・伊平屋島への旅も、
途中、ベースのルイスや著名人ではいとうせいこう氏なども
参加してくれて盛り上げてくれたり、その後、
ボク自身の人間関係が大きく変わった離婚の年の前後こそ、
ひとりぼっちで行っていたけれど、
それでもボクの後から合流してくる新宿2丁目のマスターを
始めとする常連チームの面々に支えられたりしながら、
一昨昨年は、離岸流に流されたFくんとHちゃんの
救出劇があったり(2007年7月10日付:伊平屋の土産話)、
昨年は友人Fの協力もあり、小さいながらも初めて伊平屋島で
ライブ(2009年7月12日:沖縄・伊平屋島の土産話)も出来たり
しながら、今に至っている。

去年から旅の形態が少し、いや待てよ、少しじゃない、
心優しい3Lフィリピン人ダンサーの彼女の気前の良さと
運転をしてくれる友人Fのおかげで、
移動手段が今までの高速バスから高級レンタカーに変わり、
島のビーチでの過ごし方が、炎天下で日陰無しの状態から
高級テント2張と一人にチェア一脚付きになり、
少しどころの話ではなく大きく様変わりした。
で、今年の夏も行く予定ではいるのだけれど、
去年まで初日に名護で泊まっていたホテルだけは、
同行者たちの多数決により変更を余儀なくされそう。
ボクは好きだったのに「はさみ虫の出るホテル」。

只今、ツアーメンバーを若干名募集中。
期間は7月7日〜14日。費用はだいたい毎年10万円以内で
収まっているのでその辺を目安に。
沖縄の離島の自然や島民の方々との触れ合いを経て
何かを得たい人、また純粋にその翼を休めたい人、
テントポール用の穴をボクらと一緒に掘ってくれる人、
還暦過ぎたオカマ(2名)に優しく接してくれる人、
お待ちしております________________。
2010.04.29.jpg

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

月別 アーカイブ