2007年8月アーカイブ

たぶんコレラ菌、きっとコレラ菌。

| コメント(0)

パソコンの画面を背に、後ろを振り返り、リビングを見渡す。
はぁ〜・・・__________深いため息。
最近、忙しさにかまけて部屋の整理整頓をサボり、
おかげでボクの部屋は離婚後最も散らかった状態になり
つつある。

明日も、henssimoのリハーサル終了後すぐに羽田空港へ
向かい、高知行きの最終便に乗らなければならない。
目的は、henssimoの曲をCMソングに起用してくれる
ある企業のCM撮影に立ち会う為だけれど、
折りしも明日の高知は台風5号の暴風圏の中。
飛行機はたぶん欠航だろうけど、一応念のため羽田には
行かねばならないのだよ。あーめんどくさ。

ギター等の機材を持ったまま飛行機に乗るのも大変なので、
部屋の掃除も兼ねて、Fくんにお願いしようと思ったのだ
けれど、肝心のFくん、原因不明の腹痛と高熱で緊急入院
したらしい。

「コレラ菌に3000点」。
早速お見舞いのメールを出したら、
「コレラじゃないですよ!!」と返事が返って来たので、
すぐさま返信してあげた。

「病院内は携帯電話禁止でしょ。」とりあえずお大事に__。

欠航の夜に

| コメント(0)

案の定、台風の影響で高知行き最終便が欠航になり、
再び乗り込んだ高速バスの窓に映る夜の羽田空港。
オレンジの街路灯の群れがまるで新種のホタルの
ように夜の空港周辺を照らしている。

リハーサルと欠航迄のドタバタのおかげで疲れた体を
バスのシートにうずめて、バスの窓の後方へと飛んで
ゆくそのホタルの群れを眺めながら聴いた曲は、
_______アレサ・フランクリンで『Call me』。

JALの対応に怒り!!

| コメント(0)

「キャンセル待ちの案内アナウンス無かったでしょ?」
「はぁ?呼びましたよ。」
「いやいや、館内アナウンスでちゃんとしとけばさ、
 ボクだってちゃんと乗れたはずでしょ?
 目の前に居たんだからさ。」
「はぁ?肉声でしましたが?何か?」
「ちょ、ちょっと待ってよ。もしもボクが難聴なら
 どーすんの?今と同じ言葉返せるの?」

らちのあかないやりとりがJAL地上勤務員と
ボクとの間でしばらく続いた。いくらゴネたところで、
乗れないモノは乗れないと解っているのだけれど、
何が腹立つってその女性地上勤務員の態度。
「はぁ?」って何だ!?「はぁ?」って!!
人を身なりで判断したような目つきも不快極まりない!!
「JALは誰に対してもそういう態度を取るんかコラッ!!
 こっちは株主やぞ!!(少数だけど) 上のモン呼べや!!」と、
よっぽど怒鳴ってやろうかとも思ったけれど、
徹夜明けの上に、4時間の空港内漂流の疲れもあって、
すごすごと再び到着ゲートから出てきたのだよ。

不親切なその女性スタッフのせいで、高知での仕事はキャンセル。
自分でも責任を感じていたし、楽しみにしていた仕事だけに
やりきれない思い一杯で、リムジンバスに乗り込んだ__。


そんな事情がありまして、
高知のCF制作会社ならびにクライアントの方々には
多大なご迷惑をかけた事をこの場を借りてお詫びします。

0か100か

| コメント(0)
ボク自身、0か100かの人間なので、普段0の時は、
スローテンポの空気の中、涼しい笑みを浮かべていたり、
ダメダメなトーンで誰かに甘えてみたり、
かと思えばフラリと1人旅に出てみたり_______。

それが100に切り替わる瞬間が、今日のように
ライブでステージに飛び出して両腕を突き上げた時。
「やっとみんなと逢えて嬉しい」だとか
「どうしようも出来ない現実」だとか
「やっと遊べる」だとか
「自分自身が背負うべきモノ」だとか
「今日は何で笑おうか」だとか
「今日は何を振り切ろうか」だとか。
そんな矛盾し合う様々な思いが
ボクの体に「バチン!!」と電流のようなモノを流す。

しかし所詮は0か100。其処に力をセーブするという観念はなく、
楽しくて楽しくてはしゃぎ過ぎる子供のように、
哀しすぎて哀しすぎて泣いてしまう子供のように、
自分の力を制御出来ないままに、
ただただ感情に任せてしまうので、
結果、余計な動きも余計な喋りも多くなり、
時には歌唄いとしての失敗もする。
それでもやっぱり基本は『楽しくて』仕方ないのだよ。

そんなボクを「アナタはそれでいい。」と、
キラキラした眼差しで見てくれるキミが居る限り、
ボクはまたあのステージの上でキミと遊ぶ事が出来る。

今日、ライブに遊びに来てくれたすべての、
キラキラした眼差しのキミに心より感謝します______。
2007.08.05.JPG

穏やかな気持ちで

| コメント(0)

昨日のライブに来てくれたお礼も兼ねて、
新宿2丁目の馴染みの店へ。

「あの歌良かったわよ〜。沖縄の歌。」
「アタシなんてあの歌聴いて泣きそうになっちゃったんだけど、
 目の前で先に女の子が泣いててサァ〜、
 泣きそびれちゃった。悔しいワ〜。」
「アラ、そりゃ女の子が泣いてる方が絵になるわよ。
 アンタが泣いたって汚いだけじゃない。」
「ほっといてちょーだいっ!!」

狭い店内。還暦をとっくに過ぎたオカマ、
もとい、ナカマたちの「テニスのラリー」の
ような軽快なテンポの会話が飛び交うその間で、
グラスの中でカランと揺れる氷を眺めながら、
穏やかな気持ちでいられるひと時_____。

ボクはいろいろな人に支えられている。

1人素麺

| コメント(0)

無性に焼き肉が食べたい。
若い頃ならともかく、最近では珍しいその欲求を、
珍しいからこそ満たしてあげたいのだけれど、
焼き肉を1人で食べに行ってもねぇ・・・。

焼き肉が食べたい気持ちのままで食べる
素麺はやはり物足りなかったりするのだよ。

慣れるというコト

| コメント(0)

夜中、食べ忘れた晩ご飯の為の弁当を買いに、
近所のオ○ジン弁当に行く。
気づけば、弁当生活や外食にもすっかり慣れてしまった。
離婚してすぐの頃は、弁当の袋を提げて歩くだけで、
なんだか寂しい気分にもなったものだけれど、
いやはや「慣れ」というものは恐ろしい。
家庭の味からは遙か離れたトコロに居る自分が、
家庭料理屋の息子だっていうのも何だか皮肉っぽい。

弁当とデザートの入ったコンビニの
ビニール袋をブラリと提げて、
薄くスライスされた果実のような
月を見ながら歩く帰り道。

「1人」が気楽な夜だってあるものさ______。

よさこい祭り

| コメント(0)

郷里・高知の方では今日から"よさこい祭り"が
行われている。タレントの広末涼子さんも
毎回地元の商店街のチームで参加するこの祭り。

祭りと言っても、神事ではなく、
一説では高知城築城の折、作業現場で唄われた
木やり節の変化したもので「ヨッシャコイ」。
また一方では、その昔、高知の芸者衆がお客を呼ぶ為に、
「よさこい♪よさこい♪(夜に来い=今夜来てね)」と
高知の町を踊り歩いたとされる説もある。
いずれにせよ"よさこい祭り"は神様を奉る祭りではなく、
カーニバルなのである。

カーニバルゆえに踊り子のほとんどがトランス状態なので、
"よさこい祭り"の舞台裏はいろんな意味で面白い。
ボク自身もよさこい祭りにはミュージシャンとして
若い頃から何回か参加させてもらっているので、
そんな祭りの舞台裏の方が祭りの思い出として
残っていたりする。

急性アルコール中毒で夜の道路に大の字で寝ころぶ
後輩の青白い顔だったり。
警察車両を1人でひっくり返そうとして連行されて行った
力持ちの友人の連行される時の笑顔だったり。
祭り打ちあげの夜、イケ好かない野郎と2人で
暗闇に消えていった憧れのヒロインの横顔だったり。
その後、ヤケで飲んだ酒に悪酔いし、数時間後、
瞼の青タンを氷で冷やすボクのはがゆさだったり___。

う〜、あまり良い思い出ではなかったな。ぢゃ。

盆休み返上

| コメント(0)

世間はお盆休みに突入したようだね。
トイレの窓から聞こえてくる
大通りを走る車の音がいつもより少ないのだよ。

しかしボクにはお盆もこ盆も無く、
9月のしばてん魂レヴューのパンフレット製作に
勤しむ暑い暑い月曜日。

坊主じゃないのね

| コメント(0)

なんだね。
最近の高校球児は坊主頭の子が少ないのね。
時代の変化っつーものかね。

甲子園球児達の熱戦をTVで観戦する日々__。

1人花火

| コメント(0)

宵の口。
開け放ったままの寝室の窓の外から
聞こえる花火の音で目を覚ます。
昨夜から今日の昼まで、「しば魂」パンフレットの
イラストを画いて、その後寝てしまったのだ。

そっか。今日は神宮球場の花火大会か。
昔はよく観に行ってたっけ。
冷えたビールとジュースと焼き鳥。
軟式球場の芝の匂い。
花火終了後の人混み。

「ドン! ・・・ドン!・・・ドン!」
見えない花火の音にあわせて
打ちあげた思い出たちが
パッと咲いて寝室の暗闇に消えてゆく。
ボクはベッドに寝ころんだまま、
その思い出の花火たちに声をかける。

たぁ〜まやぁ〜。

雨の匂い

| コメント(0)
久々に雨の匂いを嗅いだ
午前0時過ぎの新宿2丁目。

無駄な力

| コメント(0)

只今、21日の朝5時。
連日連夜、何処にも出かけず日記も書かず、
徹夜徹夜の甲斐あって、しばてん魂レヴューの
パンフレット印刷用DATAがやっとこそさ完成。

とりあえず、今回のパンフレットには力を入れた。
余計なトコロに、うん。
無駄に肩に力の入ったファイティングポーズのような、
そんなパンフレットを是非読んで欲しいので、
9月1日は渋谷へ遊びに来てね♪

わ〜ぃ♪明日から遊べるぅ〜♪・・・わけないか(泣)。

ソフトクリーム

| コメント(0)

次回のしば魂に出演してくれるSho-ji(ショージ)氏との
打ち合わせの為、新宿へ。
待ち合わせの時間までだいぶ時間があったので、
寝不足で火照った体と「卵豆腐」ぐらいの柔らかさに
なっているであろう脳みそをクールダウンさせる為、
駅ビル内の某有名甘味処屋でソフトクリームを喰う。

駅ビルの通路脇に設けられたテーブルにどっかりと腰掛け、
ソフトクリームを頬張る。ん〜〜〜、んまいっ!

折しも世間は夏休み______。
さっきまで自分達の恋愛話やアイドルの話にキャーキャーと、
それはそれはイルカがやって来るぐらいの高周波を発してい
た中学生とおぼしき女の子達の妙に冷たい視線を、
わざといからせた肩で受けながら、ガラシャツ&サングラスの
オジサンはひたすらソフトクリームを食べるのだ!!

お座敷バー

| コメント(0)

新宿2丁目。
狭い店内に流れる三味線の音と歌声。
この夜、同席した小唄のお師匠さんと
そのお弟子さん達が即興の演奏会を
披露してくれた。

目を閉じるとなんとなくお座敷に居る気分だけれど、
目を開けると実際はオカマのマスターが微笑んでいる水曜日の夜。

伝統芸的リハーサル

| コメント(0)

「此処の箇所ってまたひら歌に戻るけど、
 2コーラス目までのひら歌とは明らかにテンションちゅーか
 車で言うたらギアが違うじゃんか。
 だからセカンドからサードぐらいにシフトチェンジする感じで
 アレンジを変えた方が疾走感が出るやろ。」

「ふむふむ。じゃ、ギターソロからもう一回やってみて。」

で、見事なぐらいにサードにシフトチェンジするのが
henssimoメンバーなのだよ、と自画自賛。
そんな譜面も無い、口伝えで伝わる「伝統芸」のような
リハーサルがhenssimoスタイル。

風邪か?

| コメント(0)
よりによってこんな暑い日に
風邪をひいたらしい。
寝よっ。

離婚2年目

| コメント(0)

気づかぬうちに離婚して1年が経っていた。
いや、気づいてはいたのだけれど気づかぬフリ。

ということは、この日記も1年が経ったのだね。
三日坊主が良く続いたと正直思う。
初回からかいつまんで読んでみると、
まぁ無様に藻掻いているねこの男は(笑)。

そりゃあ今でも、どーしよーもない虚しさや
離婚後多くなった「独り言」の後に出るため息に、
押しつぶされそうになる時もあるさ。
それでもボクは此処で笑っているね。
ボクがボクで在る為に___________。

ミャンマー便り

| コメント(0)

某銀行から某銀行への転職が決まり、
現在は「束の間の無職」を楽しんでいる友人Kちゃんから、
先日こんな写メールが届いた。
tai_myan.JPG

この河はタイとミャンマーの国境を流れていて、
川向こうがミャンマー。タイから入国する場合、
空路以外は滞在1泊分のビザしかおりないらしく
(不法滞在者がタイでの観光ビザが切れそうになると、
この手を使ってミャンマーからタイに再入国する)、
写真は彼がミャンマーから出国した船上から送ってきたモノ。

ボクも東南アジアを旅していて感じるのだけれど、
国境際の町はその国の首都や内陸部の町村と違い、
一種独特な雰囲気がする。
海水と淡水が混ざり合った汽水のような、
混沌とした曖昧さが漂っている。
島国ニッポンの中ではあまり感じられないこの感覚を、
友人Kちゃんも楽しんでいるのだろう。

それにしても「英語の勉強しに行く」とか言っといて、
タイ語マスターになって帰って来るんじゃないの?(笑)
つーことは将来はタイ支店長か。
今頃はプーケット島辺りでトロピカルジュース片手に
「タイ・イングリッシュ」のお勉強をしているかもね。

ラジオ体操リハーサル

| コメント(0)
朝っぱらからhenssimoリハーサル。
「夏休みのラジオ体操」ぐらい辛かった。

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

月別 アーカイブ