2006年10月アーカイブ

アンサンブル・レッスンにて

| コメント(0)

本日、ワイルドミュージックスクールのドラム科による
グループレッスンにhenssimoメンバー全員呼ばれて行ったのだよ。
数人の生徒さんが交代交代でhenssimoと一緒に演奏するのね。
ま、生徒さんへのアドバイスは他のメンバーに任せて、
俺個人としては純粋に楽しませてもらった(笑)。
あーやっぱ先生には向いてないな、俺。

でもひとつだけ言えるのは、みんな音が遠慮し過ぎ。
もっと感じるままに主張してみればいいのに。
子供の頃って普段の暮らしの中で「楽しい」とか
「嬉しい」とか「悲しい」とかの、いわゆる「感情」を
今よりももっとダイナミックに受け止められてたし、
今よりももっとダイナミックに表現してたでしょ。
ま、人によって大差はあれど。
大人になった今でも普段の生活の中で感じるそれを大切にしながら、
それを音として表現&伝える「テクニック」の部分は
ワイルドの講師陣にしっかりと習えば、
もっと「音で楽しむ」コトが出来るんじゃないかな。

なんて、精神論しか言えないのでやっぱり俺は先生には向いていない(笑)。

夢の話でも話そうか

| コメント(0)

あの日、「責任を背負う」なんて
格好の良い言葉を吐いた君。
自分で選んだはずの寂しさに流されて
耳に心地の良い無責任な言葉だけを頼りに
何ひとつ背負う事も出来ず
結局また同じ事を繰り返す。
そんな君の言葉はもうボクには届かない。

そんな夢のお話。

風邪かもね

| コメント(0)

CD発売に向け、マスターCDにエラーが出るだの、
いろいろトラブっとるのだよ。

そんな中、どーやら風邪ひいたみたい。
やけに悪寒がするな〜と思いながら
鏡を覗くと眼は真っ赤。
おまけに頭痛いし(泣)。
可愛いギャルの看病を期待するも、
妄想だけでは熱は下がらないのだよ。
こんな晩は早く寝るのが一番zzzz。

引っ越し模索中

| コメント(0)

引っ越しを考えてるのだよ。今現在は、様々な事情にともなう
責任感から、別に頼まれたわけでもないのに、
ここに一人残っているわけなのだけれど。
さすがに今の環境や会社を一人で維持してゆくのは
「ミュージシャン」という種類の生き物には到底無理なわけで。
そんな事最初から解っていて自分で決めた事なれど。少々違って
いたのが、0からのスタートではなく、はるかにマイナスからの
スタートだっただけ(笑)。経済的にも精神的にも。

で、年内中に引っ越す事を目標にインターネットや不動産屋の
軒先で探しているのだけれど、引っ越すにもお金が掛かる。
引っ越した後から揃える生活必需品等も含め、あれやこれや
お金が掛かる。そりゃ当然(笑)。本気でヤドカリがうらやましく
思えて仕方ないのだけれど、妄想にふけっていても始まらない。
そこで肝心の自分の預金通帳に問いかけてはみるものの、
「アンタ使ったよね?解る?アンダースタン?」
と、その残高からも冷たくあしらわれ。

今月末に出すCDが「引っ越し基金」なんて
呼ばれないように頑張らねば。

メンバーミーティング

| コメント(0)

本日、ライブに向けてのメンバーミーティングだったのだよ。
各々が口にする「自分の演りたい曲」の曲名を一枚の紙に
書き連ねていくと、なんと20曲以上になってしまってね(笑)。
これじゃあ来てくれたお客さんが家路につけなく
なるおそれがあるし、なんぼなんでも、
お客さんが飽きる前に自分たちがバテるだろとゆー
なんとも情けな〜い理由から、
ライブ構成を考えながら、曲数を整えていったのだけれど。
それでも1時間はあるな、こりゃ(笑)。

ヘンシモマニアにとっては値段的にもお得なライブ♪
それ以外の人には苦痛以外何ものでもないはず(笑)。

ん〜眠い

| コメント(0)

睡眠時間2時間。カタギの方はマジメに働いている昼前に、
寝ている自分が悪いからなのか、耐え難い夢にうなされたよ。
そんな悪夢から救ってくれたのはCDプレス業者さんからの
電話。救ってくれたのは有り難いけれど、またまたトラブル。

で、印刷物DATAの修正やら送りやら電話でのやり取りやらが
今の今まで続き、ようやく落ち着く事が出来た。
ん〜さすがに眠い(笑)。しかも朝から何も喰ってないのだよ。

こんな日がほぼ毎日続く今日この頃。もしも自分がカタギだったら、
ひょっとして不覚にも人一倍マジメに働いてしまうんじゃないかと、
思ったりもしたのだが、それはそれ、これはこれ。
今自分がやっいるコトは「自分の好きなコト」。
眠くて辛くてしんどくて....。でも楽しいのだよ。当然でしょ。

新宿2丁目にて

| コメント(0)

「あら、こんな日にワタシに会いに来るキトクな客が
 いるもんだわね〜と思ったら、なんだ、ツカサか(笑)。」
______降りしきる雨とクソ寒い風に追われてやってきた自分を
カウンターの中のマスター(ママ?)が優しい笑顔で迎えてくれた。

ここのマスター(やっぱママ)には、自分がまだ初心(うぶ)な
19歳の頃から可愛がってもらっている(他意はない、他意は)。

他にお客も居ないし、また、こんな雨の日に来る気配もないので、
マスター(きっとママ)と二人で『Tears in Heaven』をBGMに、
たくさん笑い、そして泣いた。

穏やかな日

| コメント(0)

晴れたね。良かった。
今日は元嫁と晩ご飯を食べに行ったのだけれど、
その席で元嫁に彼氏が出来たコトを報告されたのだよ(笑)。
離婚して一ヶ月半。いやはやなんとも、オンナという生き物は
切り替えが早いとゆーか、強いね、まったく。
少しだけ寂しく、少しだけホッとした。

夫婦だった頃の荷物がそのまま残る部屋で一人、彼女の荷物や
彼女宛の郵便物の管理人のような暮らしをている自分からすれば、
「じゃあ早く必要な荷物を運び出してくれよ。」と言いたいのも
やまやまなのだけれど、二人にとっては長い結婚生活の後半半分で
彼女に味合わせた寂しさや苦しみを考えれば、彼女のちゃんとした
新居がみつかるまで待っていてあげる事も、離婚を切り出した方の
立場の自分としては、今の自分に出来る彼女に対しての責任の
取り方のひとつなのだから仕方がない。
橋田壽賀子並に長台詞になってしまったよ(笑)。

本音を言わしてもらえば、自分も一日でも早く引っ越して、
前を向いて笑いたい。日溜まりの中で。

______________とりあえず今日は晴れて良かった。

Blues In The kitchen

| コメント(0)

今日は知り合いの居酒屋でのライブ「Blues In The kitchen」。
カウンターの中でミュージシャンが演奏するという一風変わった
このイベントも今回で6回目だったかな?まー、続いているのだ。

いろんな事情からギリギリまで出るか出ないか迷っていたけれど、
友人でもある店主のあたたかい励ましもあり、行ってきたのだよ。
他の出演者達はみんなバンドなのに、自分一人だけがギター弾き語り。
そんな日に限って、2ステージ。
henssimoのライブでも曲途中でギタープレイを放棄する男に、
果たして30分2ステージが一人で務まるのだろうか、不安だったさ。
普段はカバー曲ばかりで進行していくはずが、今日は何故か一人で
「イルカの居る場所・居ない場所」を弾き語り(笑)。
あの手この手を使った結果、お客さんも盛り上がってくれたので良かっ
たけれど、今日ほどお客さん達からの拍手が心強い事はなかったよ(笑)。
_____________心から"ありがとう"なひとときだった。

29日には必ず行くよ! とあたたかい声援もたくさん頂いたのだけれど、
酒の席での言葉はあまり信じない方が良い。

休日だったんだね?

| コメント(0)

晴れ。
昨日出来なかった洗濯をして、部屋の掃除を軽〜くしながら、
カレンダーに目をやると....、おぉ、今日は休日だったんだね。
どおりで表通りを走る車の音があまりしないわけだ。

こんな日はみんなどうしてるのかな?などと考えながら、
明日教えるアンサンブルレッスンの曲の予習に取りかかる。
でもね、ギターチューナーが見あたらないのだよ。
う〜ん。昨夜のお店に忘れて来たか?
う〜ん。これは予習なんかやんなくていいという神の啓示か?
でもやらないわけには教えられるはずもない。
自分の耳かキーボードでチューニングすれば良いものを、
人恋しさも手伝い、仲間のFくんにTEL。
「Fくん。チューナー持ってきて〜。」

Fくんからすれば、休日にたかだか"チューナー"ひとつで呼び出され、
大迷惑なはず。なのに嫌な顔ひとつせずFくんはチューナーを持って
来てくれた。その頃には自分のチューナーもみつかっていたのだけれど。
ありがとうFくん。とりあえず、恩返しはいつか竜宮城でするね。
_____大人の竜宮城で。

セレブ組

| コメント(0)

今日はワイルドミュージックスクールのアンサンブル・レッスンへ。
担当するのは「セレブ組」。生徒さん達は平日の午後の昼下がりに
授業を受けられる生活にゆとりのある女性限定。
ちなみにネーミングは光太郎さん(笑)。

課題曲は「Cool, Clear Water」(Bonnie Raitt)や
「La Isla Bonita」(madonna),「Through The fire」(Chaka Khan)...etc。
ん〜、これをhenssimoが指導するには無理があるんじゃないの?(笑)
ただひとつ教えられる事があるとすれば、
もう少し他のパートの音を聞きながら演奏出来れば、
もっと本格的な「アンサンブル」のお話にも発展すると思うのだよ。
ま、チャカ・カーンの曲とかキメキメだらけで
自分も覚えるのは無理そうなのだけれど。(笑)

henssimoリハ

| コメント(0)

ワイルドミュージックスクールでの授業を終え、
夜中のhenssimoリハに備えて少しだけ仮眠をとるつもり
だったのだけれど、知人からの急なお誘いなどもあって、
結局寝られず仕舞いで渋谷の某スタジオへ。

知っている人は知っているのだけれど、henssimoには
譜面を目で追いながらリハをするという定義が存在しない。
なので、リハ中は「ここをダダーンダダーッと」とか
「ここでもっとガツーンッ!と」とかやたら擬音が多くなる。
で、変更箇所はその場で各自の脳みそにインプットする。
キメが多い曲なんかは当然忘れる箇所が続出してしまい、
先に進む事がなかなか出来ない。とても不効率なリハーサル。
それでもメリットも少しあるのでそんなリハを続けている。

リハ終了後、まだ明け切らない蒼い景色の中、
代々木からギター片手に徒歩で自宅まで。
_________見上げれば、月は真上に。

そばつゆの作り方

| コメント(0)

数日前、真夜中に無性に蕎麦が食べたくなったので、蕎麦を茹でたのだよ。
そして蕎麦を茹でている途中で気づいた。「そばつゆ」が無い。
沸騰する鍋の前で一人オロオロする間にも、蕎麦は茹であがってゆく。
慌ててパソコンをつけてインターネットで「そばつゆの作り方」を検索。
「水250cc。鰹節。醤油100ccに対してみりん50cc。砂糖大さじ1杯....。」

茹ですぎた蕎麦をマズいそばつゆにつけて食べながら思った。
_________あぁ、自分はそばつゆの作り方も知らなかったんだな。

| コメント(0)

高知の親しいファンの方から「新高梨」が送られて来た。
季節ごとに美味しい果物を送ってくださる。有り難い。
宛先が連名なのは、自分がまだご報告出来ていないせい
なのだけれど。

で、ひとつひとつが包装紙に包まれた高級そうな梨を見て、
自分が一番最初に思った事。
____梨の皮ぐらいなら剥けるさ。多少喰うトコロは少なくなるけど。

引っ越し先が決まりました

| コメント(0)

_____目が覚めてリビングの方に行くと、
テーブルの上にそんな書き置きがあったのだよ。
元嫁が仕事で使っていたスペースには某引っ越し業者の
段ボールがうず高く積まれている。
「あぁ、来てたのか。梨持っていけば良かったのに。」

話はまったく変わるのだけれど、トイレットペーパーの予備が
あとひとつしか残っていないのだよ。
新しいのを買ってくればそれで済む話なのだけれど、
今更、何ロール入りものトイレットペーパーを買ってしまうと、
それらを全部使い切るまでは次の場所へ移ってはいけないような
強迫観念と、出来れば引っ越し先で新しいトイレットペーパーの
封を開ける事から再スタートをしたい自分もいる。
要は「フン切り」の問題。いやいや、ダジャレとかじゃなくて。
_______________う〜ん・・・歌にもなりゃしない。

過ごしやすい週末

| コメント(0)

TVのアナウンサーの言葉を背にパソコンに向かうも、
依然としてイベント用パンフ制作ははかどらないのだよ。
それでも刻一刻と印刷業者への入稿締め切り日が迫ってくる。
ライブ用のS.Eも作らなきゃいかんし。ん〜困った。

__なんで、これからやって来る時間は「速く」感じるのに、
通り過ぎて行った時間は「遅く」感じるのだろう。
真っ直ぐに笑い合っていたあの頃からまだ少ししか経って
いないはずなのに、手を伸ばしてみてももう届きそうもない
くらい、ずいぶん昔のコトのように思えるのだよ。

『ALI』

| コメント(0)

作業画面が変わらないモニターに嫌気がさし、パソコンを消した後、
『ALI』(ボクサー:モハメド・アリの映画/主演:ウィル・スミス)の
DVDを見たのだよ。オープニング開始と共に流れるサム・クックの
『Bring it on home to me』が大好きという理由もあって、
諸事情で日本語字幕が出ないこのDVDをもう何回も見ているのだけれど、
劇中のボクシングの試合のシーンを見ながら、今回ふと思った。
______「失恋はカウンターパンチ。離婚はボディーブロー。」
もちろん、本編とは全く関係のない戯言なのだけれど。

試合の準備も何もせず、呼び出されるままにリングに上ってみたら、
いきなり不意打ち的なカウンターパンチを喰らって失神KO。
一人残されたリング上で、意識が朦朧としているところに、
次の試合相手がやって来て、無情にも開始のゴングが鳴り響く。
「これは前から決まっていた試合だし、とりあえず立たなきゃ。」と、
片膝立てた状態のところにボディーへの連打攻撃。ひぃ〜苦しい。
涙目でレフリーに「コレ反則でしょ?ちょいタイム。」と、訴えるも
「いや、自業自得でしょ。ジゴウジトク。」と冷ややかな視線で試合続行。
結果、涙と鼻水をスローモーションで引き連れながら再びダウン。
カウントを数えるレフリーの声がやけに遠くで聞こえる。
「ワン・・・ ツー・・・ スリー・・・  フォー・・・」

♪自業自得と...解っちゃいるぅがぁ〜...♪
 ダメな男と...知ってはいるがぁ〜...♪
演歌調メロディーの鼻歌と作り笑顔を、精一杯の強がりに乗せながら、
プルプル震える腕で体を支えて立ち上がろうとしている
「泥臭いイメージ」は、もはや『ALI』というよりも、
『明日のジョー』の世界か(笑)。

自分一人が傷ついたわけではないし、
それ以上に大切な人達を傷つけたのだから。
それも背負って、29日にはちゃんと立ち上がっていたいと思うのだよ。


_________________プルプルしてたらごめんなさい。

浅い眠り

| コメント(0)
せめて自分の夢の中ぐらいは穏やかに居たいのだけれど。
悲しい場面はそんな中にまで入り込んで来る。

ハジメマシテ

| コメント(0)

「ハ、ハジメマシテ。ツカサデス.....。トミオカ....ツカサです。」
自閉症の振り子が激しく逆に振れる音が頭の中で聞こえた。

イベント主催者のU氏との打ち合わせを終え、
次に待っていたのが高知新聞社の取材だったのだよ。
「格好良く話して下さい。こちらで記事にまとめますから。」
そんな助け船を出してくれるO記者に対して、
「元々、そんなに格好良い生き方もしてきてないし、
 全部話すんで、使えるトコロだけ使ってください。」と、
プライベートも、これからしたい事もすべて話した自分。

____数十分後。「これは使えませんよね。これも。これも。」
O記者が人なつっこい笑みを浮かべながら、ペンを握る手だけは
さすがプロ。自分が話した内容を箇条書きに写した紙面に、
おびただしい数の『ペケ』マークを付けてゆく。
「ホラね。やっぱり。」と自分。
何が「ホラね。やっぱり。」なんだか。

昨日から一睡もしていないトロ〜ンな体を熱いシャワーで
叩き起こし、ウサギのような真っ赤な目を目薬でごまかし、
恋する女子のように着て行く服に迷ったあげく、
結局いつも着慣れているテロテロシャツで部屋を出た結果が
「ホラね。やっぱり。」

でもね。O記者が『BRASSIERE-MAN』を気に入ってくれたのだよ!
「これ。なんとか紙面に載せたいですね。上から反対があっても。
 だってこれ、格好良いですよ。」
そ、そこまで無理しなくてもいいです(汗)。でも、楽曲を聴いて
もらって共感を得るのがやはり一番嬉しい。henssimoの一人として。

あとは、笑顔の素敵なO記者が、今日自分がこぼしまくった
とりとめもない言葉をなんとか格好良く記事にまとめてくれる事を
ひたすら願うしかない____。
と、トロ〜ンを通り越してフニャフニャな頭で思うのだよ。

追記:
本日の取材内容と写真は今週土曜日付けの高知新聞に掲載予定らしい。
高知の方は是非ご覧あれ。
テロテロの服着て、トロ〜ンとした表情で載るはずだから。

眠い〜

| コメント(0)

高知新聞への掲載が来週土曜日に延期になったと
昼間、U氏から報告のTELがあったのだよ。
案の定、BRASSIER-MANの掲載に上からストップがかかったか?(笑)

自分の方は、相変わらず不眠不休でパソコンの前でパンフ作り。
さすがに眠いぞこんにゃろ。
入稿締め切りが明後日17時なのにもかかわらず、
出来ていないページが1...2...3...4.....、もう数えたくない(泣)。
自分がこんなんなってる最中にも、世の中ではな〜んも考えず
彼氏または彼女とイチャイチャしてるヤツがいるんだ、と思うと
正直ムカついてきたりもする。単なる八つ当たりなんだけれども、
今は当たらせてね。死ね。
いや、死ねはダメ。死なないまでも、ケンカ別れしてしまえっ。
いや、それもダメ。仲良くしなきゃダメ。仲良いのが一番なのだ。
せめて、財布落とせっ。→そして自分が拾う→警察に届ける→
落としたカップル現れ、「アザース♪」と軽い会釈されてまた腹が立つ。
やっぱり死ね。

戻れぬ道・眠れぬ夜

| コメント(0)

気がつけばタバコが無い。
3時間前に買ったばかりなのに。
パンフ作りのペースをあげる。

手を抜くトコロは抜けばいい。
夏休みの宿題の絵日記が全部「晴れ」だったように。
所詮、先生から怒られるだけだ。それも長くて1日。
叱られて舌を出すボクの姿を、友達は笑ってくれるし、
あの子は優しくみつめてくれる。

なのに今は何故手を抜けない?

今日は8月31日でもないし、
もう子供でもないから。
_____ただそれだけさ。
灰皿でくすぶる吸い殻の山がそう言った。

アイデンティティー

| コメント(0)

パンフ作り終了。
応援の広告を出してくれた人達が恥ずかしくないような
モノに仕上がったかどうかは不安で仕方がないけれど、
とりあえず終わった、全8ページ(表紙込み)。
henssimoのページだけ遊ばしてもらった(笑)。
印刷業者への入稿も終了。
DATAの不具合が無ければ久しぶりに寝られるのだけど。

しかし、翌日か早ければイベント終了後にはゴミになって
しまうパンフレットなんぞに、どうしてこんなにまで
精を出してしまうのかね。パンフ作りのプロでもないのに。

その答えは_____________________。
たぶん読んでくれた人に「クスッ♪」って笑って欲しい為
だけだと思うのだよ。「クスッ♪」って笑ってくれるのなら、
自分がエンターティナーだろーが、パンフ職人だろーが、
パンツ職人だろーが、タンス職人だろーが.......。
__________響きが似ていたのでつい。

要するに、自分が何者かはどーでもいいのだよ。
誰かに褒められたいわけでなく、
アナタの喜ぶ顔がただただ見たいだけなのだよ。

食器

| コメント(0)

夕方から寝られると思ったのだよ。
気がつけばこんな時間。結局42時間も起きていた。

前回の日記を投稿した直後に玄関の鍵が開く音。
元嫁の引っ越し日が迫っていたので、
今日は食器類を片付けに来たらしい。
段ボールを組み立て、緩衝材に包んだ彼女の食器を
その中に入れていく前に、食器を分別しなければならない。
『ボクの食器』、『彼女の食器』、
そして『使えなくなった食器』。

「これお気に入りだったのにね。」
思い出を乗せた回数が多ければ多いほど、
『使えなくなった食器』として、
その身を何もくるまれずガチャガチャと音を立て
ゴミ袋に入れられてゆく。
なんとも寂しい音だ。
____________________ガチャガチャ。

1日損

| コメント(0)

体がベッドに染みこむくらい眠っていたようなのだよ。
目が覚めたら辺りは真っ暗で、なんとも1日損した気分。
暗がりの中、寝室からリビングに出た直後に足の小指を
何かにぶつけ、うずくまったまましばしフリーズ状態。
ーああ、そうだった。テーブルを移動したんだっけ。ー

元嫁の荷物を詰め込んだ段ボールの山を一カ所に集める為に、
テーブルやら椅子やらを移動させたので、部屋の動線が
すっかり変わった事をすっかり忘れていた。

__________午後9時過ぎ、光太郎さんやってくる。
二人で29日のイベントの準備の確認やら、
CDの販売形態や正式発売日、今後のhenssimoの活動内容に
ついての話し合いを明け方近くまでする。
やっぱりバンドの事を話している時が一番楽しい。
たとえそれが一見面倒臭い「事務的な」内容でも、
やっぱり楽しいのだよ。

追記:
冨士が肺炎になったらしい。
実際のしんどさはその人になってみないと解らない。
今はただただ心配なので、おばーちゃんの遺影に
祈ってみたりするものの、いかんせん、
おばーちゃん生前、冨士に会った事ないもんなー。

東京15℃

| コメント(0)
雨。
肌寒いのは極度の寝不足のせいもあるのだけれど。
山積みの段ボール。コンセントの抜かれた冷蔵庫。
クロスが取り払われ、安っぽい合板ベニヤが
剥き出しになった本棚。
それらがこの部屋の温度を気温計の指し示すソレよりも
少しだけ下げているような気がするのだよ。

henssimoリハ

| コメント(0)

冷たい雨が降る中、
昼過ぎにワイルドミュージックスクールに教えに行ったのだよ。
「アンサンブル」っちゃーホント教える方も難しい。

夕方家に帰宅。今朝まで冷蔵庫や段ボール箱等があった
場所にポッカリと出来たスペース。
元嫁の荷物が無事全部運び出された事は、
彼女からの連絡で知っていたけれど、
実際こうして見てみると、まるで間違って他人の家に
あがりこんでしまった感じがするのだよ。
___お邪魔します。いつもより声の響く部屋。

夜中、henssimoリハ。
ルイスの車に拾ってもらいスタジオへ向かう。
冨士、肺炎なのにやって来る。ゴホゴホゴホゴホ。
光太郎さん、膝が痛くてビッコ引き。
何もないルイスが何故かヤリ玉にあげられる。
「オマエもなんかあるやろ?無いならなんかなれ!」
冨士、わけの解らぬコトを言うのは勝手だけれど、
その後、額に汗かくまで咳き込むぐらいなら
黙っておきなさい。

食べたい時に食べなさい

| コメント(0)

冷蔵庫の無い生活といふものは意外と不便なのだね。
コンビニで、大好きなプリンに伸ばしたその手を、
パッケージに印刷された「要冷蔵」の文字が遮る。
なら弁当だったら多少外に放置してあっても、
食べたい時に温めれば食べられるだろうと
弁当コーナーの前に立った瞬間、思い出した。
___電子レンジも無くなったんだった。

冷蔵庫と電子レンジが無くなっただけで何故か
不幸な気分になってしまうのは現代人の弱さか。
あまり食べたくない時に食べるプリンの価値は
所詮こんなものだ。オトコとオンナの色恋もこれ同じ

円(まる)の外側

| コメント(0)
表参道にある知人のヘアメークさんのアトリエに
散髪に行った帰り、代官山に別の知人のライブを観に行く。
知人のバンドが演奏終了後、挨拶も出来ずに店を出た理由は
この後、またまた別の知人との約束があった為。
「知人」ばかりだ、ワッハッハ。
____笑い声のする少し外側で
キミの居ない淋しさを噛みしめた。

最終リハーサル

| コメント(0)

本番同様テンションを上げろって自分自身に気合いを
入れても、所詮は普段着、リハーサル。
たくさんの事を頭の中で確認や整理しながら唄う素の表情を
他人に見られるのは、パンツ1丁で昼間の新宿を歩くぐらい
恥ずかしいのだよ。

なにはともあれ、本番まであと2日。

本番前日

| コメント(0)

歌詞の最終確認OK。忘れる時は忘れるモノなのだよ。
衣装まだ決まらず。準備する事が多すぎて、
結局衣装は買えず仕舞い。
日記の時間は23時なのだけど、実際はもう2時過ぎなのだよ。
S.Eもこれから作るとなると、余裕で朝になる予感と悪寒がする。
まだ準備が終わってないので今日はこの辺で。

今日一緒に笑ってくれた友よ ありがとう。
そして明日やっと逢える友よ こんにちは。

今日までそして明日から

| コメント(0)

こんなオトコで良かったら笑ってあげて。
一緒に泣いてあげて。そして最後にまた笑ってあげて。
そんでもって少しだけでも元気になってくれたら
それだけで嬉しいのだよ。

_____________今日は本当にありがとう。

不安から生まれるモノ

| コメント(0)

きっと昨夜のライブは良かったと思うのだよ。
たくさんの方から頂いたメールや電話でも
それは嬉しいほどに解る。
解るからこそ自覚しなければならないコトが
山ほどあるのだよ。それもすでに解っている。
だからこそ不安だったりもするのだよ。

軽い筋肉痛を友達にして、新宿2丁目へ逃げる。

ハッピーバースデー

| コメント(0)

ハッピーバースデー Hちゃん。
2人が仲良しなのを見てるだけで、
それだけで救われる人もいるのだよ。

アナタの彼氏はちょいダメダメだけれども、
2人が自然体で同じ景色を見て風を感じていれば、
きっと本当の音楽がそこに生まれてくると思うのだよ。
何も犠牲にする必要は無い。
犠牲にしていいのは『自分自身への甘え』だけなのだから。


「例え誰かが ボクら二人の
 未来を裁くとしても
 もう離さない もう渡さない
 このままでそばに居よう

 ぬくもりを残したベッドで
 握り合った手と手が守るモノ
 二人だけのカタチ     」

_____『二人だけのカタチ』より

MTBlog50c2BetaInner

プロフィール

冨岡ツカサ
職業:旅人
もといミュージシャン
マレー語,小型ボート操船

最近のコメント

月別 アーカイブ