2010年5月のエントリー 一覧

Vol.30 原爆ドーム 〜広島観光記番外編

  • 更新日:

広島には2つの世界遺産がある...
その1つは厳島神社、そしてもう1つが原爆ドーム。
原爆ドームが世界遺産って... 何か違和感があるけど、とにかく「これは世界的に残すべきもの」と認定されているのだから、それはそれで納得はいく。

で、広島に行ったからには、やはりこの目でそのドームを見なければ...
というわけで、夜と昼の2度、行ってみた。

夜2.jpg 夜1.jpg
広電の「原爆ドーム前」で下車。まさに目の前が、その原爆ドームである。
今までテレビなどで見て、勝手に想像していたのだが、実物を目の前にしてみて、その小ささにちょっと戸惑いつつ、ゆっくりと近づくと...

どうみても「無惨な廃墟」である。猛烈な爆風と熱によって、一瞬のうちに中にいた人間を消滅させ、ビルの鉄骨がグニャリと曲がったことは容易に想像できた。
「なんてこと、しやがるんだ、まったく...」思わず、口をついて出た言葉だ。
夜間、ライトアップされていることもあって遠目にはキレイに見えなくもないが、近づいてみるとライトに浮かび上がるその姿に重い沈黙を強いられる。

戦争をすると、こういうことも起こるのだ... 敵を倒すためには、人間はここまで残酷なことをする生き物なのだ...

翌日の昼間、今度はドームの隣にある平和記念公園にも行ってみた。ここにも、テレビでよく見る慰霊碑がある。「過ちは2度と繰り返しません」と書いてある、あの慰霊碑だ。

過ち... 確かにそういう面もあるとは思う... だけど...
果たして我らの国は、ここまでされなければいけない"過ち"を犯したのだろうか? 瞬時にものすごい数の人間、それもほとんどが非戦闘員である人間を殺されなければならない過ちを犯したのか?

僕はアメリカの原爆投下は、あの国が行った実験だと思っている。実際に作り上げた大量殺戮兵器の効果を、実際に使ってみて確かめたかった。その実験の場として、日本の国土を使った... そう思っている。
戦争を早期に終結させるために、やむなく原爆を投下したという話も聞いたことがあるけど、当時の日本は、すでに国土の大半が焦土と化し、瀕死の状態だったと思う。そこに、さらに原爆の投下、である。これは人道的に許されるものなのか?と、思うのだ。

そんな思いを抱えながら、慰霊碑に手を合わせた... その瞬間、何とも言えない感情がこみ上げてきたことに、自分でも驚いた。それが何だったのか、正直、よくわからない。でも、とにかく厳粛な気持ちになったことは間違いない。
平和公園1.jpg 昼間1.jpg

その後、ふと自分のまわりを見回していると...

原爆ドームをバックに記念写真を撮る日本人がけっこういることに気がついた。ドームを写真に撮ることは良いと思う。でも、彼らの多くは、自らもその写真に収まり、さらにピースサインまでしているのだ。
なぜ? なぜ、そんな行為ができるのか? 同じ日本人として不思議でならない。そして、何とも言えない情けない気持ちにもなった。
むしろ、ドームを見に来ていた外国人の方が、謙虚な姿勢でいたことが印象深かった。

原爆ドーム...
日本人なら1度はその目で見るべき。世界遺産だから、ということではなく、日本人だからという理由で...
あのドームがあの形で今に残っていることは、それこそ運命ではないかと思う。だからこそ、我々日本人はその目で見るべきなのだ。

Vol.29-2 広島観光記〜名所編

  • 更新日:

フツー、こういう旅日記って、その場所の名所を訪れたことを真っ先に書くんでしょうが、このコラムの場合は乗り物についてがメインとなりがちなんですね〜(^_^;; ...ま、いっか...(笑

そんなわけで、広島の名所について、デス...

<宮島&厳島神社>
日本3大風景の1つ、宮島です!
フェリーから降りて、いきなり目についたのは... 鹿です、シカ!!
フェリーの中でも「決して鹿にエサを与えないでください」っていうアナウンスが流れてましたが、こういうことだったんですね。もう、そこかしこにワチャワチャ居ました。
鹿.jpg
すっかり人間に慣れてる様子で、「あ、可愛いぃ〜〜」とか若い女の子に言われても完全にスルー(^_^;; 「どうせ何もくれないんやろ? だったら無駄に声をかけんなや!」って感じでした。

そんな鹿たちを見ながらテクテク歩いていくと、目の前に厳島神社の鳥居が!!
そうです、海の中に浮かんでいるように見える鳥居! ...のハズだったんですが、ちょうど干潮の時間で、何と鳥居まで歩いていけるほど潮が引いてました。

この時期、厳島神社は夜になるとライトアップされるという情報を仕入れたので、翌日の夜、再度訪れてみました。
真っ暗な海にボンヤリと浮かぶ鳥居... 幻想的? ...まあ、そこまでは感じませんでしたが、やっぱり何か神々しいものを感じる情景でした。
でも、やっぱりまだ干潮の時間で... 前日ほどではなかったですが、まだ鳥居の近くまでは歩いて行けてました。次回、もし行く機会があったら、干潮と満潮の時間を調べてから行きます!(笑
神社3.jpg 神社1.jpg

夜神社.jpg


<食べ物>
広島はお好み焼きはもちろん、牡蠣、もみじまんじゅう等、食べ物にも有名なものが多い土地ですよね。僕は牡蠣は嫌いです(^_^;;)が、その他のものはしっかり堪能しました。
「揚げもみじ」→宮島で食べました。もみじまんじゅうを油で揚げたものです。外側がサクっとしてて、中はホクホク♪ ウマウマ〜〜〜!
揚げもみじ.jpg


「あなご丼」→これも宮島で食べました。丼の表面に目一杯のあなごが敷き詰めてあります。味もそこそこ濃くて美味!!
あなご丼.jpg


「お好み焼き」→関西風には馴染みがあるんですが、本格的な広島風は初めて食べました。1枚食べただけで、けっこう腹いっぱいになります。かつお味のふりかけ(?)をかけてるんですが、これが予想以上に食欲をそそります!
"お好み村"っていうところに、た〜くさんのお好み焼き屋さんがありますよ〜〜! 2日続けて食べに行ったんですが、初日はその村にある、お好み焼き屋ばかりが入ったビルの4Fのお店へ。2日目は、そのビルの手前にある「へんくつや」っていうお店でした。
お好み村.jpg

Vol.29-1 広島観光記〜広電編

  • 更新日:

5月の連休に、世間並みに旅行に行ってきました。広島、です... 特に理由はありません(笑 しいて言うなら... とりあえず「新幹線で3時間以上乗って行けるとこ」っていうのを基準に選んだら、たまたま広島になってっていう... そんな、実にアッサリとした理由です。

事前の調査で、広島には路面電車が発達しているということはわかっていました。路面電車は通称"広電(ひろでん)"と言います。広電=広島電鉄っていうわけですね。
...というわけで、まずは今回の目標は...
『広電・全路線性制覇!』ということになりました(^o^)//

広電の路線図は以下の通りです。
    ↓
rosenzu.gif
広島駅を起点に、
日本三景の1つ、厳島神社へと繋がる「宮島口」や、
瀬戸内海の島々各地の他、四国・松山までの航路もある「広島港」、
世界遺産の「原爆ドーム」、
広島随一の繁華街「銀山(かなやま)町」「紙屋町」「八丁堀」、
JRの駅に繋がる「西広島」「横川(よこがわ)」などなど、
この電車に乗ってるだけで、けっこういろんなところに行けます。
広島駅で1.jpg


料金は広島市内が150円均一、その他は距離に応じて加算されていき、最大で270円。これは実にリーズナブル! しかも、観光客向けに"1DAYパ ス""2DAYパス"も! 特に2DAYの方は、広電だけでなく、宮島口から宮島へ渡るフェリー、さらに宮島のロープーウェイも乗り放題っていうスグレも の! もちろん、広島に着いたとたんに2DAYパスを購入(^ワ^
2DAYパス.jpg

さて...

広島滞在の初日は、まず広島駅から一気に宮島口へ広電で向かいました。この日(5月3日)の広島は『フラワーフェスティバル』というお祭りが始まったばかりで、ものすごい人! さすが連休です。
そんな中、電車に乗ろうと乗り場で待っていると、何と花電車がやってきました! さすがフラワーフェスティバル! 
さらによくよく観察してみると...
広電には、いろ〜〜んな種類の路面電車が走っていることが判明。普通、路面電車というと、1両か、せいぜい2両というものなんですが、広島には、見た目が4両編成というものまであります。しかも、新型の車両でヨーロピアンな感じ。
後でわかった(=解明した)ことなんですが、行き先によって使われる車両が決まっているんですね。見た目が4両のものは2系統「広島〜宮島口」、普通の2両編成は休日の臨時電車、そしてその他が昔ながらの1両...っていうこと、らしいです。
まあ、これだけでも見ていて飽きないっていうのが広電の魅力ではないでしょうか(笑

花電車?.jpg 連結1.jpg

臨時連結1.jpg

宮島口に着くと、今度はフェリーで宮島へ渡ります。実は、ここのフェリーは2つの会社が別々に運営していて、一方は広島電鉄系、もう一方はJRが運営しているみたいです。宮島口には、広電の駅の他に、JRの駅もあるんですね〜。広島駅から宮島口までは、広電を使うと1時間ちょっと、JRだと30分... 広島の風景をのんびり見ながら行くなら広電、時間的に節約したければJRっていうチョイスになるんじゃないですかね。
フェリー1.jpg
こちらは広電系のフェリー


フェリー2JR.jpg
こちらはJR系のフェリー


フェリーはわずか10分で宮島に到着。瀬戸内海ですから、海はおだやかなもんでした♪

結局この日は、広島〜宮島口間を乗っただけでしたが、2日目は起きてから即!広電ざんまい!
まずは広島駅から6系統「広島港」行きに乗って広島港へ。天気もよかったせいか、広島港、かなりキレイでした。そして、広電の乗り場も、かなり充実した感じ(^o^///
港で2.jpg 広島港で1.jpg

ここからは、広島駅にダイレクトで行く6系統の他に、紙屋町や八丁堀を経由して広島駅に向かう1系統、そしてJRの西広島へ向かう3系統が出ています。なので、今度は3系統に乗ってみました。途中、広電の本社前や大型ショッピングモールがある「中電前」などを通ります。
ちなみに...
西広島は、前日、宮島て行く際に通ったので、この日は途中の「十日市町」で下車。ここでJR横川駅へ向かう横川行きに乗り換えました。

広電の横川駅... シンプルですけど、終点らしい雰囲気が満ちていました。目の前はJRの駅とショッピングセンター。とりあえずここで軽く食事をしました(←ケンタッキーですけど)。
横川1.jpg 横川2JR.jpg

横川3.jpg

ここからは一直線に南へ下る8系統「江波(えば)」行きと7系統「広電本社前」行きが出ていたので、今度は江波行きに乗車です(^_^;;
江波は... 特に何にもありませんでした(笑 要するに、終点で電車の車庫があるっていう場所です。近くには、地元では有名(らしい)マダム・ジョイっていうスーパーがありました。
江波1.jpg

で...

今度は江波から6系統の広島駅行きに乗車。ここまでで、ほぼ広電の路線は乗り尽くしたんですが、まだ1路線乗ってません! 八丁堀から白島っていう短い路線です。実はこの路線だけ、100円均一区間なんです。八丁堀からわずか8分で終点です。
というわけで、広島駅行きに乗って、八丁堀で下車して乗っておきました、白島行き... ぶっちゃけ、地味でしたけど(笑

はい! これで広電の路線、全制覇〜〜〜!

かつて僕の故郷・福岡にも、路面電車が走っていましたが、なんというか、路面電車のある街っていいですね〜。乗ってる人たちも、どこかおおらかな感じで。
ちょっと驚いたのは、けっこうイマドキの若者でも、電車にお年寄りが乗ってくるとサッと席を立って譲るんですね。こういう光景を何度も見ました。街全体がセコセコしてない、落ち着いた感じなんです。道路の真ん中に線路があって、そこをゆるゆると電車が走る... いい風景でした。

広島、いい街です!!

                     <つづく>

このページの上部へ

About

つのだ☆ひろ氏を師と仰ぐDr.光太郎の連載コラム。
henssimoのドラムである彼が、日々の暮らしの中でふと思った事柄や現代の世相を通して、音楽に生きる人達に送るメッセージ。
・・・って説明すると、Dr.光太郎がたいそう偉い人に思えるのだが、実際読むと「そんなに偉くない」ので安心。

プロフィール

武田 光太郎
職業:阪神タイガース
もといミュージシャン

サイト内検索

最近のピクチャ

  • 小松家にて.jpg
  • 手術後.jpg
  • 雪ジロ.jpg
  • 寝ぼけ.jpg
  • 散歩中2.JPG
  • 新百合.jpg
  • ジロ星川1.jpg